浅井健一、天井知らずの可能性を感じさせる3ピースのバイブス

全国20カ所を廻る「BLOOD SHIFT TOUR 2019」を駆け抜けた浅井健一(photo by 岩佐篤樹)

浅井健一が、2019年11月19日、東京・マイナビBLITZ赤坂にて、“浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS”として駆け抜けた「BLOOD SHIFT TOUR 2019」のツアーファイナル公演を開催した。今回のツアーは、浅井健一名義としては5年ぶりにリリースされたアルバム『BLOOD SHIFT』を携えての全国20ヶ所を回る大規模なツアーとなった。

会場内では、バンド名が書かれたバックドロップが暗いステージ上に赤く照らされており、グッズのTシャツを身につけた観客たちは待ちきれない表情。場内が暗転すると、会場から「ベンジー!(浅井健一の愛称)」と名を叫ぶ声が響き渡る。「Colorful Elephant」でライブがスタート。続けて「ハロー東京、レッツパーティ!」の言葉とともに「Vinegar」のイントロの軽快なドラムが響くと、浅井もステージ中央に移動して客に見せつけるようにキレの良いリフを刻む。パーマがかかった茶髪が顔にかかってグレッジを弾く姿には、ロックスターの色気が感じられた。「今日は来てくれてありがとね、朝まで騒ぐぞ」。そう言って始まる「Watching TV」では、ステージ上で3人の演奏の一体感あるグルーブが感じられ、客も身体を揺らしてノリ始めると「Watching TV!!」と叫び会場が一つになった。続けて「OLD PUNX VIDEO」、BLANKEY JET CITY(以下、BJC)時代楽曲の「DERRINGER」が続く。観客の揺れと拳の上がり具合が一気に跳ね上がり、浅井が絶叫する瞬間、一気に振り切れた興奮状態に包まれた。



浅井によるバンドメンバーの紹介が終わると、「HARUKAZE」、「Very War」を立て続けに披露。最新アルバム『BLOOD SHIFT』に収録されたDVDについて少し触れると、「DVDの中でジャムって色々な曲やってるんだけど、その中から1曲未完成なんだけどやってみるね」と、ミディアムバラードな未発表曲を演奏。「目を閉じる映画」では、浅井の指弾きでグレッジのまろやかなサウンドが、まぶたの裏に浮かんでくる映像世界をより豊かに感じさせた。また、BJC時代からの往年の名曲「べピン」を披露。「愛してた あいつのこと」と、哀愁漂うグランジロックの曲にファンからも歓声が上がる。ステージの中心でずっしりと構えてギターを弾く姿からはBJC時代から変わらないロックスターの貫禄をこれでもかと見せつけられた。「見た事もない鳥」では危険だと言わんばかりの赤と白に激しく点滅したステージで激しく頭を揺らし、「暗いブルーは暗いブルーさ」では曲中に「スーパーベーシスト中尾憲太郎のベースソロを聴いてみようぜ」とベースソロが始まる。激しく歪んだベースの衝撃はものすごく、その上に小林瞳の勢いのあるドラムと浅井のソリッドなギターが重なり、激しく盛り上がっていく3人のグルーブ。今年の夏に観た「INDIAN SUMMER QUATTRO GIGS」ツアー公演から、今回のツアーを経てより濃密なグルーブになってきたことが感じられる。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE