プロフェッツ・オブ・レイジ、LAで初ライヴを披露

5月31日(現地時間)にロサンゼルスで初ライヴを行った新スーパーグループ、プロフェッツ・オブ・レイジが、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、パブリック・エナミー、サイプレス・ヒルの名曲の数々を次々と繰り広げた。( Andy Keilen for Rolling Stone)


そしてレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの代名詞的なナンバー『Bulls on Parade(ブルズ・オン・パレード)』と『Killing in the Name(キリング・イン・ザ・ネーム)』に、会場は再び熱狂した。観客は『キリング・イン・ザ・ネーム』のクライマックスの「ふざけるな、俺はお前らに言われたことはやらねぇんだ」の歌詞に合わせて、思いっきり飛び跳ねてみせた。

曲が終わるとすぐに、シェパード・フェアリーがデザインしたバンドのポスターは、ファンによって引きはがされていた。B-リアルは「ありがとう・・・そしてふざけるな、俺はお前らに言われたことはやらねぇんだ」という言葉で、この日のライヴを締めくくった。プロフェッツ・オブ・レイジのミッションは、6月2日(現地時間)に行われたロサンゼルスのハリウッド・パラディアム公演へと続いていた。




セットリスト

『Prophets of Rage/プロフェッツ・オブ・レイジ』─パブリック・エナミー
『Guerilla Radio/ゲリラ・ラジオ』─レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
『Bombtrack/ボムトラック』─レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
『Miuzi Weighs a Ton/ミウジ・ウェイツ・ア・トン』─パブリック・エナミー
『People of the Sun/ピープル・オブ・ザ・サン』─レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
『Take the Power Back/テイク・ザ・パワー・バック』─レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
『Rock Superstar/ロック・スーパースター』─サイプレス・ヒル
『Testify/テスティファイ』─レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン

パブリック・エナミー/サイプレス・ヒル メドレー:
『Shoot’Em Up/シューテム・アップ』
『Can’t Trust It/キャント・トラスト・イット』
『Insane in the Membrane/インセイン・イン・ザ・メンブレン』
『Bring the Noise/ブリング・ザ・ノイズ』
『I Ain’t Going Out Like That/アイ・エイント・ゴーイング・アウト・ライク・ザット』
『Welcome to the Terrordome/ウェルカム・トゥ・ザ・テラードーム』

『Sleep Now in the Fire/スリープ・ナウ・イン・ザ・ファイア』─レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
『Shut Them Down/シャット・ゼム・ダウン』─プロフェッツ・オブ・レイジ
『Know Your Enemy/ノウ・ユア・エネミー』─レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
『The Party’s Over/ザ・パーティーズ・オーヴァー』─プロフェッツ・オブ・レイジ
『No Sleep ’Til Brooklyn/ノー・スリープ・ティル・ブルックリン』/『Fight the Power/ファイト・ザ・パワー』─ビースティ・ボーイズ/パブリック・エナミー
『Bulls on Parade /ブルズ・オン・パレード』─レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
『Killing in the Name/キリング・イン・ザ・ネーム』─レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン

Translation by Miori Aien

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE