筋肉少女帯、中野サンプラザホールで魅せた最高の通過点

中野サンプラザホールにて30周年記念ライヴを開催した筋肉少女帯(Photo by コザイリサ)

筋肉少女帯が2019年6月30日、東京・中野サンプラザホールにて「メジャーデビュー 30th Anniversary FINAL LIVE 『ザ・サン』 突入 31th!」を開催した。会場を熱狂の渦に巻き込んだライブのレポートを掲載する。なお、本公演の模様は音楽チャンネル『MUSIC ON TV(エムオン!)』にて生中継された。

開場前、中野サンプラザホールの前にはライブを今か今かと首を長くして待つ長蛇の列が。筋肉少女帯の30周年記念、しかも大槻と内田の出身地である中野での開催ということもあり、ファンの期待も高まっている。中野ブロードウェイにある「墓場の画廊」では「筋肉少女帯展」も開催され、多くのファンが押し寄せたという。

会場に入ってみると、30th Anniversaryのロゴが描かれた垂れ幕とともに、ステージ上手にはマーシャルアンプの壁がそびえ立つ。

1810分、SEが流れると、煌々と光る照明と大歓声の中、大槻ケンヂ、橘高文彦、本城聡章、内田雄一郎とサポートメンバーの三柴理と長谷川浩二が登場。高らかにシンセサイザーが打ち鳴らされ、1stアルバム『仏陀L』収録の「サンフランシスコ」へ。興奮が爆発した中野サンプラザホールが大きく揺れる。橘高の超絶ギターソロが会場に響き渡ると、1曲目から熱気は最高潮。続いて、最新アルバム『ザ・シサ』より、大槻ケンヂ出演の映画『緊急検証! THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ ゲラー』の主題歌ともなった「オカルト」へ。30年間で生み出されてきた珠玉の名曲達が披露されていく。


Photo by コザイリサ

大槻が、ステージ中央に用意されたソファに座り「楽だなぁ、楽でいいわぁ」と喋り始めると、爆笑のMCパートへ。「スタッフから、31年目で大槻さんがやりたいことやっていいですよって言われたので、ライブ中にソファに寝転びたいって言ったんですよ(笑)」とソファに寝転ぶと、「これ、いいわぁ。なんで31年気がつかなかったんだろうなぁ…… あ、みんな来てるんだ! ありがとう!」といつもの大槻節を見せる。大槻は「ロックバンドってのはよう、常に現在進行形じゃなきゃいけないのよ! 筋肉少女帯も31年やったってさ、今日のライブは特別なライブさ、そりゃ特別なライブさ、でもね今日のライブもただの通過点に過ぎないのさ!!」と叫ぶ。ライブ前に、『ナニコレ珍百景』と『モヤモヤさまぁ~ず2』をダブル予約したにも関わらず、『MUSIC ON TV』の予約を忘れてしまったという大槻。「だからよう、どうすればいいかって問うならば! 今、今、今よ! この脳髄の中の海馬に、メモリーできるくらい! オーディエンスが盛り上がってくれれば、俺は帰って穏やかな気持ちでモヤさまを見れるってわけよ!」という言葉に会場は爆笑。そして「とにかく、ありがとう! こういうことはライブの後半で言うべきことなんだけど、もうみんなが来てくれたから言っちゃうよ」という前振りの後、新アルバムの制作をしていることを発表、観客からは歓喜の叫び声があがった。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE