エリック・クラプトンが愛用してきたギターの系譜

1950年代製の黒のフェンダー・ストラトキャスターで、「ブラッキー」という愛称でよく知られている。「このギターには摩訶不思議な何かがある。長年、このギターに愛情を注ぎながら優しく世話してきた成果なのだろう。中古のギターや古いヴィンテージギターを好んで手に入れる理由もそこにあるのかもしれない。ギターには持ち主のプレイの仕方や世話の仕方の記憶が残っているようで、そんなギターを手に入れる幸運に恵まれ、その価値を知っていれば、手に入れたギターの記憶を継承しようと思うんだ」(www.ClaptonBook.com)


RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE