ブラスやバンジョーっぽい音が鳴り響く冒頭の2曲。これまでの安室にはなかったスウィング感が前面に出ているし、ライヴのオープニングのごとき派手な出だしで持って行かれる。その後も「FIRST TIMER」や既発シングルの「WILD/Dr.」など、フューチャリスティックな曲からロック調の曲まで、見事なまでにサウンドと一体化した安室のヴォーカルはさすがのひと言。ここにきての意欲作、向かうところ敵なしである。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

MOST VIEWED人気の記事