つばきファクトリーが語る、各々の個性をメンバー自身で徹底分析、つばきの本質とは?

つばきファクトリー:左から河西結心、秋山眞緒、岸本ゆめの、福田真琳(Photo by Rika Tomomatsu)



繊細な表現から生まれる大胆さ

―新メンバーのおふたりは今回のレコーディングでどういったところを意識したんですか?

河西:「涙のヒロイン降板劇」はおしゃれな曲なので、おしゃれに歌うためにリズムを意識しました。あと、最初は音程がうまく合ってなかったので、どう合わせるか意識しながら頑張りました。



福田:私は今回の3曲それぞれに違う女性像がある気がして、その女性像に合わせて歌い方をちょっとでも変えることを意識して練習しました。

―その女性像を簡単に説明するとどういう感じですか?

福田 そうですね……まず、「約束・連絡・記念日」からはタイトルにもあるように約束と連絡と記念日を大事にするちょっと重たい女性が見えたし、「ガラクタDIAMOND」の主人公はか弱い女性なのかなと思ったので優しく歌うことを意識しました。「涙のヒロイン降板劇」は前に進もうとする女性が見えたので、聴いてる人が前向きになれるように明るく歌うように気をつけました。

―という解釈だそうですが、いかがでしょう?

岸本:バッチリですよ。私は初レコーディングのときにそこまで楽曲を噛み砕けなかったので、本当にすごいと思います。尊敬します。

―今回のシングルは随所で繊細な表現が重要な役目を果たしているように感じました。

秋山:新メンバーの歌を聴いて、語尾の息の抜き方とかで歌の切なさを表現するのが上手いなと思いました。自分は音程とか歌を意識しすぎるので、歌に感情を乗せられるのはすごいと思います。

岸本:私はこれまでに比べてミュージック・ビデオ撮影で、カメラやスタッフさんの前でも恥ずかしがらずにすべてを出し切れるようになったと思っていて。

―これまでは照れがあったんですか?

岸本:曲に入り込むというよりも、「こういう表情をしよう」とか「ここはこうやって手を動かしたらいいかな」みたいに考えながらやってたんですよ。「こういう動きのほうが使われやすいかな?」とか(笑)。でも、そうじゃなくて、曲に入り込んだ状態で表現するほうがいいんだなって。

―なるほど。

岸本:だから、「約束・連絡・記念日」の歌詞はこれまでで一番主人公と自分が遠いと思っていたんですけど、ミュージック・ビデオ撮影では気づいたら涙が出そうになるぐらい曲に入り込んで曲の主人公になりきることができたと思います。前よりも恥ずかしがらずに今の自分を100で表現できるようになりました。



―今作のミュージック・ビデオを3本すべて拝見して思ったんですけど、たしかに皆さんの表情が素晴らしいですよね。ミュージック・ビデオを観ることで楽曲の理解がより深まりました。

秋山:表情に関してはファンの方からも「目線の使い方が上手くなったね」とか「こんな表情初めて見た」というコメントを頂きました。あと、私は新メンバーが入るまでグループでは最年少だったので、「新メンバーが入ってちょっと先輩になったことで顔つきが変わった」と言っていただけて、自分では気づかなかったけど「あ、そうなのかな?」ってちょっとうれしくなったりしました。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE