ダークネット上で違法薬物の取引を行なった150人が逮捕 米

U.S. Drug Enforcement Agency/AP



米麻薬取締局のアン・ミルグラム長官は声明で、「現在、危険薬物の密売人がオンライン上に跋扈し、ダークネットを用いたフェンタニルやメタンフェタミンなどの取引件数が増加するという危機的状況が国際的に発生しています。これらの密売人は、アメリカ中を危険な違法薬物で溢れさせ、オーバードーズを身近にし、暴力を誘発し、アメリカのあらゆる健康と安全を脅かす存在です。本日、麻薬取締局が皆さんに伝えたいメッセージは極めてクリアなものです。ダークネット上の違法薬物を取引するネットワークは、今日以降、一切逃げ隠れすることはできません。麻薬取締局、米国際機関、そして世界中の信頼すべきパートナーたちが協力し合い、このようなネットワークを完全に解体します」と発表した。

ユーロポールから作戦の指揮官を務めたジャン=フィリップ・ルクーフェ氏は「今回の様な作戦のポイントは、犯罪者たちにこの作戦の存在を大いに知らしめることにあります。法執行機関は犯罪者らの正体を暴き、彼らに違法行為の責任を取らせるための手段と国際的なコネクションを持っています」と発表している。

From:150 Alleged Opioid Traffickers Arrested in Darknet Sting

Translated by Kazuhiro Ouchi

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE