NFTアート作品がAIパートナーになる日も近い?

Source of photo:Pixabay

現在、NFT市場は新たに開拓されつつあるフロンティアだ。新たな市場が誕生すれば、その価値はバブル的な様相を呈し、露骨に詐欺を働こうとする者、トロイの木馬を仕込もうとする者も当然現れるだろう。そんな中でSolanaブロックチェーン上に突如として現れた「AIパートナー」のAikoプロジェクトを見てみよう。

Aikoプロジェクトは9月末、突如Twitter上にアカウントが誕生し、プロジェクトの詳細がまるで明らかでない中、すでに数千のフォロワーを獲得している。現在、aiko.io というウェブサイトを通じ、「Aikoビルダー」を用いて誰でも自由にAikoの静止画をデザインできるようになっている。巨乳でウエストの細い、脚を広げたキャラクターのアバターに、自由な髪色、衣装、タトゥー、ピアス、肌の色など、いくつかのカスタマイズを行うことができる。

関連記事:YouTube黎明期の超有名動画、NFTオークションにて約8300万円で落札

また、ランダムに生成された10000種類のAikoたちを公開するNFTアート作品のI’M Aikoコレクションが10月26日と11月9日にプリセールス、正式発売は11月16日の予定となっている。開発チームの計画によると今後は、自身のデザインしたAikoのAIとコミュニケーションを取れる「Aiko Master」というアプリが2022年の初めにリリースされる予定とのことだ。

Translated by Kazuhiro Ouchi

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE