筋肉少女帯が語る、自分たちが描いてきた世界になってしまった戸惑いと使命感

筋肉少女帯

筋肉少女帯が、2021年11月3日(水・祝)に通算21枚目となるオリジナル・アルバム『君だけが憶えている映画』をリリースする。2019年の『LOVE』以来約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムは、ポジティブなメッセージとツインギターに胸が熱くなる「楽しいことしかない」にはじまり、そのものズバリなタイトルの「COVID-19」、電車の「OUTSIDERS」セルフカバーなどで構成されている。

今作を聴くと、パンデミックの世界に合わせて作品ができたというよりは、そもそも特殊なバンドである筋肉少女帯に特殊な時代が重なってきたようにすら思えてしまう。それぐらい、アルバムに収録されている曲たちの個性は強烈だ。果たしてどんな想いで作品を送り出すのか、メンバーの4人(大槻ケンヂ(Vo)、内田雄一郎(Ba)、本城聡章(Gt)、橘高文彦(Gt))に話を訊いた。

関連記事:筋肉少女帯、中野サンプラザホールで魅せた最高の通過点

―今日はリモートでインタビューをさせていただきますが、バンド内でこのようにリモートでミーティングする機会もありましたか?

橘高:確かに、コロナ禍になってから最初にやったのは「リモートでミーティングをしよう」ということでしたね。最初は何か気持ち悪かったですけど(笑)。

本城:もうだいぶ慣れました(笑)

橘高:リモートインタビューにも臨めるようになったからね。

―この2年間は直接会うよりもこういう形でのコミュニケーションが多かったですか。

大槻:そうですね。とはいえ長いですから、そこは阿吽の呼吸というか。

橘高:昨年は幸い2本のライブができたんですが、ライブのリハーサル、今回のレコーディングとか、実際に会わないとできないもの以外は、なるべく会わずにディスタンスを保ってやっていました。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE