GSとカレッジフォークの仕掛け人・本城和治と振り返る、ジャンルを越えた名盤

田家秀樹と本城和治

日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2021年8月は元日本フィリップス・レコードのプロデューサー、ディレクターである本城和治の50曲特集。第5週は、彼が手掛けた名盤について振り返る。

田家秀樹(以下、田家):こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人・田家秀樹です。今流れているのはザ・スパイダース「あの時君は若かった」。1968年3月発売。今月の前テーマはこの曲です。若かったあの頃を思い出しながらの1ヶ月。今週は最終週です。

関連記事:シティ・ポップの源流、70年代後半の名曲を本城和治と語る

あの時君は若かった / ザ・スパイダース

「J-POP LEGEND FORUM」今月2021年8月の特集は本城和治の50曲。本城和治さん。元フィリップス・レコード、日本フォノグラムのプロデューサー・ディレクター。そして、この曲の制作者。今月はザ・スパイダース、GS、カレッジフォーク、名曲と毎週カテゴリ別にお送りしてきたのですが、今週は名盤編。アルバムです。それまでの日本の音楽シーンにはなかった、新しい発想のアルバムが誕生しました。例えば、今でこそ当たり前になったコンセプトアルバムとか、まだ海外に行くことすら大変だった時代の海外録音のアルバム。さらにそのアーティストの生涯1枚しか作れないだろうなという傑作。そんな数々のアルバムの話をお訊きしていこうと思います。こんばんは。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

Current ISSUE