ビッケブランカが語る、「歌」を絶対的主役に置く方法

ビッケブランカ



ー「夢醒めSunset」のギターは、MOROHAのギタリストのUKさんですか?

ギターはUKです。僕はギターを左利きで練習していて、コードのCを弾けないんですけど、MOROHAの「tomorrow」は弾けるんです。Fとか絶対弾けないんですよ。でも、「拝啓、MCアフロ様」とか全部弾ける。だから俺のアコギってUKなんですよ。MOROHAの曲しか弾けないから、俺がアコギでフレーズ考えようと思ったら、UKなんです(笑)。この曲のフレーズを考えたのは僕なんですよ。



ーそうなんですか!? UKさんが考えたフレーズだと思っていました。

僕のアコギはUKだから、UKでできることしかできないんですよ。自分で今まで培ってきたUKイズムというか、オープンを入れて指のタッピングの感じとかも、全部UKが生きていて。出来上がって「めっちゃUKっしょ?」って本人に言いました(笑)。ここまでUKだから、礼儀としてレコーディングはUKに弾いてもらいたいと思ったんです。作ったのは僕とは言え、元祖UKに弾いてもらった方が筋かなと思って。

ービッケさんは2代目UKなんですね(笑)。なんでUKさんのギターをそこまで習得しようと思ったんですか?

単純に感動したからですね。まず僕はMOROHAが大好で、ギザギザの言葉を放り込むアフロと、後ろで真下を向きながら客に媚びることなく永遠にギターを弾いてるUKって絵が格好よすぎる。それでいてギターに耳を向けるととんでもない。テクニックがあるのが前提なんですけど、それ以上にメロディメイクのセンスがすごい。アフロが言っていることも全部UKのギターで説明できるというか。とんでもないレベルのことをやっているやつが同い歳にいた。これは化け物だなって。僕は、誰に嫌われてもいいんけどUKにだけは嫌われたくないからって言いながら、一緒にオンラインでゲームをしているんですよ(笑)。

ーあははは。「Death Dance」は誰もいなくなった街のクラブでゾンビが踊り出すという、ビッケブランカ的ブラックユーモアに聴こえました。SFの世界とも捉えられるし想像力が膨らむ曲だなと。

たしかにブラックジョーク寄りだと思いますね。緊急事態宣言で全く人のいない渋谷を車で通った時に、〈クラブは静まって バンドはプレイもしない〉って2つを思いついた。そんな中で目に見えないやつらが人間がいなくなった代わりに盛り上がっていたら超おもしろいなって。そっちの世界の方が人間よりも楽しそうだなっていう歌です。アンチテーゼではないんですよね全く。

ーそれこそ、さっき言っていたみたいにパッと思い浮かんで繋がっていくという。

そうですね。2行が浮かんだ瞬間からドーン! って繋がっていきました。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE