Ayumu Imazuが語る、ニューヨークでの経験と芸術表現へのこだわり

Ayumu Imazu

6歳よりダンスをはじめ、14歳より約3年半ニューヨークでアーティスト留学、アポロシアターのステージに3度立つなどの経験を経て、現在は活動拠点をアメリカと日本に置いて活動するZ世代のグローバルアーティスト、Ayumu Imazu。作詞・作曲・コレオグラフまで自身で行うマルチな才能を持つ彼が2021年8月、満を持して配信シングル「Juice」にてメジャーデビュー果たした。

Ayumu Imazuはいかにしてダンスや歌を始めたのか、大きな衝撃を受けたブルーノ・マーズのことや「Juice」についてなど、ZOOMにてインタビューを行った。

関連記事:ブルーノ・マーズ、4歳で初めて書いた曲のエピソードを明かす

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE