甲本ヒロトが語る「あきらめる力」と「夢は叶う」の意味

ザ・クロマニヨンズ



―いやいや、興味深いです。続けてお願いします。

それはね、ローリングストーンズの「Miss You」でハーモニカを吹いているシュガー・ブルーという人の「パ~ラパラパラパ~♪」(「Miss You」のイントロをハミングしながら)っていうフレーズを、どうしても吹きたくなったんだよ。で、それを完全に吹けるようになった瞬間、自分がスキルアップしたのがわかったんです。ローリングストーンズの「Miss You」、これはハーモニカを吹く人にはおすすめします。これを吹けるようになったら、突然上手くなる。それで、「上手くなったな!」って自分で思って、“自分なりのツィゴイネルワイゼン”を作りたくなったんです。昨日まで吹けなかったけど、今の自分なら吹けるフレーズを自分で作曲して、オリジナルを作れば、それが俺の「ツィゴイネルワイゼン」だと思って。それで、「ミサイルマン」という曲を作ったんですよ。



―THE HIGH-LOWSのデビューシングルですね。ブルースハープから先に生まれたんですか!?

(「ミサイルマン」のイントロをハミングしながら)「こんなのが吹けるようになった!みんなに聴いてほしい!」って、それでマーシーに「こんなハーモニカが吹けるようになったから、これと同じフレーズをギターで弾いてくれ、2人で並んでやろう」って。

―それでイントロがユニゾンになってるんですね。

そうなんです。だから、「Miss You」が吹ければ「ミサイルマン」も吹ける()。そういう風に、ハーモニカだけは自分で意識した歴史があるんです。じつはハープだけはすごく練習したんですよ。

―なるほど、今後はそれを踏まえてザ・クロマニヨンズの曲を聴きます。

はははは()

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE