韓国生まれ東京育ちのkim taehoonが語る、現代のボーダーレスの在り方

kim taehoon



ー1曲の中に日本詞、韓国詞、英語が共存しているのもkimさんらしいところですよね。

今回こだわった点があって。いつもだったらもう少し韓国詞の割合を増やしているんですよ。特に去年リリースした曲は、韓国詞で始まったり、1番のAメロが全部韓国詞というのもあったんです。さっき提案と言わせていただいたんですけど、押し付けではいけないという気持ちがあって。この曲を誰のために書いているのか、この曲が誰に届くのか、逆に誰を傷つけることになるのかを考えた方がいいと、アーティストの先輩に教えていただいたんです。ぼくはこの音楽を独りよがりじゃなく、みんなに届けたい。ある程度分かりやすくした上で、自分の気持ちを伝える必要があると思ったんですね。今回は日本リリースだったので、韓国詞の割合をちょっと減らしました。もう1点が歌詞を聴き取りやすくポップに、なるべく分かりやすくしています。みんなに届くようなきっかけを撒きつつ仕上がった曲になったと思います。

ーちなみに韓国詞ではどういうことを歌っているんでしょう?

英語詞の部分から「今考え直すべき時間だよ」と歌っているんですけど、韓国詞では「私の国籍がなんだ、私の肌の色がなんだ、みんな同じ血の色が流れているよ」と歌っています。あえてそこを韓国語にしたわけではなくて、単純にパートがそこだっただけなので大きな意味はないです。

ー歌詞に対して、トラックはピアノで始まるBPM早めのジャジーなポップソングです。どうしてこうしたサウンドの曲を作ろうと思ったんでしょう?

ぼくは本当に嵐が大好きで、常日頃から嵐の曲を聴くんですけど。嵐の要素を楽曲に入れ込むのが好きなんです。「JAPAN AND KOREA」って曲を作りたいと思っている時に、嵐の「truth」って曲を聴いていて直感的に、これだ! と思ったんです。特にサウンド面では「truth」から着想を得て、オーケストラを入れ込むことによってシリアス感やテーマの壮大さを表現しました。ドラムのブレイクの感じも「truth」を参考にしています。歌詞面では直接引用はしていないんですが、「たとえ僅かな光生まれても嘆きは繰り返す」とか「願いは透明なままで」とか、テーマとして通ずる部分があるなと思って参考にしました。その上で自分らしさをどこに加えるかというところで、やっぱりギターかなと思ってギターサウンドを取り入れて、最終的にまとまったというところですね。

ー歌詞に対して、疾走感がある印象ですよね。

疾走感と壮大さを上手く表現するためにこのサウンドにしていったイメージです。

ー正直、「JAPAN AND KOREA」を出すことに対する不安もあるんじゃないですか。

緊張感はありますね。このテーマを、どこまで届けることができるのか。蓋を開けてみたら、この作品が死ぬほど炎上しているかもしれないですし、はたまた誰にも届いていないかもしれない。この人は考えが足りないなとか言われているかもしれない。もちろん、そうならないように考えて作品を作ったり発言には注意したりしているんですけど、そういうドキドキはあります。同時に、やっと自分のスタンスが世に放たれるという嬉しさや武者震いも大きいですね。この作品は間違いなく「やばい」という武者震い。いろいろ複雑な気持ちが入り混じっていますね。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE