The Floorが語る、作曲者脱退の危機を乗り越えて完成させたミニアルバム

The Floor

The Floorが2021年7月7日に4thミニアルバム『CLOCK TOWN』をリリースした。2019年には作曲を主に担当していたメンバーが脱退、その後コロナ禍に突入し、ワンマンライブやツアーの延期など、様々な困難を乗り越えてきたThe Floor。今作『CLOCK TOWN』に込めた想いや、コロナ禍中のバンド活動に対する気持ちの変化について語ってもらった。

関連記事:Panorama Panama Townが語る、音数に頼らないシンプルな楽曲への探究心

ー2019年のギタリスト永田涼司さんの脱退、その後にコロナの流行があり、大変な状況だったと思うのですが、最近コロナ禍ではどうお過ごしでしょうか?

ササキハヤト(以下、ササキ):ギターの永田が抜けてからは荒波の連続でした。試行錯誤をしてようやく前作『nest』が出せたんですけど、今作『CLOCK TOWN』を引っさげてツアーをするタイミングでコロナの流行が始まったんです。延期を重ねて、ようやく前作のツアーにはなんとか終止符を打って、今は3人体制になってからの2、3歩目が踏み出せる状態にはなってきました。

ミヤシタヨウジ(以下、ミヤシタ):2020年3〜4月のコロナで自粛ムードになっていた時、最初は各々家で作業をしたり、曲を作っていました。でも、3人で集まらないといけないという危機感を持って、スタジオに入るようになったんです。最初はワンマンが延期になったりして落ち込んではいたんですけど、みんなで集まって曲を作ったり、ライブの準備をしていくうちに、どんどん楽しさを取り戻しました。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE