反ワクチン派のエリック・クラプトン「接種証明を求める会場では演奏しない」

エリック・クラプトン(Photo by Ian West/AP)


クラプトンは声明のなかで、「2021年7月19日(月)の首相による発表を受けて、私も自分の意見を発表をしなければと考えました。差別されたオーディエンスがいるステージでは、私は演奏しないことに決めました。あらゆる人々が参加できるように配慮されていなければ、私はショーをキャンセルする権利を持っています」と述べている。

このメッセージには、ヴァン・モリソンと共演したクラプトンの反ロックダウンソング「Stand and Deliver」へのリンクが添えられている。クラプトンの代理人は、ローリングストーン誌のコメント要請に現時点で応じていない。

今年5月にローリングストーン誌に掲載された声明の中で、ワクチンを監督するイギリス政府機関であるMHRAのスポークスマンは、「COVID-19に対するワクチンは、現在イギリスで5600万回以上接種されており、この国でこれまでに行われた最大の予防接種プログラムによって何千人もの命が救われています」と繰り返し説明している。

クラプトンは2022年5月、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで2回の公演が予定されている。また、今年9月には北米でのコンサートも控えている。

【関連記事】
エリック・クラプトン、ワクチン接種に警鐘「二度とギターを弾けなくなると思った」
ミック・ジャガーが激白、陰謀論者と反ワクチン派は「議論しても無駄」

From Rolling Stone US.

Translated by Rolling Stone Japan

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE