田中宗一郎×小林祥晴「2021年2ndクォーター総括対談 過去・現在・未来が溶け合う2020年代的光景の到来?」

オリヴィア・ロドリゴ、2021年5月11日撮影(Photo by JMEnternational/JMEnternational for BRIT Awards/Getty Images)



時代の変化に対する、意識的なアーティストたちの様々なリアクション

田中:ただ、そんな中で、俺が今年ずっと騒いでいたラナ・デル・レイのアルバムが爆死しました(笑)。

小林:いやいや、全米初登場2位だから爆死ではないけど。ただその後すぐにチャートから消えはしましたね。実際、『Chemtrails Over The Country Club』は前作以上にメインストリームの流行から意識的に乖離した音楽性だったし、商業的成功よりも自分のアートの追求をするんだっていう意識がより明確に出てたから、本人も想定内の結果でしょうけど。

田中:実際、水墨画みたいなレコードじゃない?徹頭徹尾フックもカラーも排してあるっていう。でも、最高に良くない?ヤバくない?

小林:『Chemtrails Over The Country Club』は自分の今年上半期のベストの一枚ですよ。

Lana Del Rey / Chemtrails Over The Country Club



田中:しかも7月第一週には今年2枚目のアルバム『Blue Banisters』を出すとか、もう完全に頭おかしいよね? 5月後半に出た先行シングル3曲も凄くて。

小林:特に「Text Book」はとんでもない。

Lana Del Rey / Text Book



田中:「Text Book」では曲のカラーを決定づける楽器がほぼ何も使われてなくてヴァースはビートもない。ヴァース、ブリッジ、コーラス、ミドルエイトみたいな緩急のある構成ではなくて、4つのパートで出来ている。2つ目のパートでいきなりテンポチェンジして、ようやくビートが出てくる。3つ目と4つ目のパートでもテンポチェンジする。で、その後、一度完全な無音になるっていう(笑)。そんな曲ないよ(笑)。成功しているか失敗しているかはわからないけど、こんな挑戦的な曲はないよね。ただ、商業的自殺ではある。

小林:ある意味、一昨年のチャイルディッシュ・ガンビーノの『3.15.20』も商業的自殺でしたよね。もちろんあれは最高のレコードだったけど。

Childish Gambino / 3.15.20



田中:レーベルの期待としては、「This Is America」のヒットがあって、コーチェラでヘッドライナーをやって、アルバムを出して、次は大々的なワールドツアーだ!っていうのがあったはず。結果的にパンデミックでツアーは出来なくなったけど、おそらく本人はパンデミックがなくてもツアーしたくなかったと思う。だからこその、あのアルバムだった。ラナ・デル・レイにしろ、ビーノにしろ、フェスとツアーをすべての中心に据えて活動することに対する違和感がある気がするな。

小林:現状の大きな産業構造からの意識的な離脱だと。

田中:かたやビリー・アイリッシュは誰よりも先にパンデミック後の大々的なツアーを発表した。「えっ、ヨーロッパとアメリカをこんなに周らなきゃいけないの?」って、さらにビリーが心配になるっていう(笑)。きっと日本に最初に来るのもビリーなんじゃないかな。

小林:でも、5月最終週のシングル「Lost Cause」は久しぶりにシュアショットじゃなかったですか?

Billie Eilish / Lost Cause



田中:良かった。この曲もそうだし、ブロンドの髪もそうだし、ずっと体型を隠してたスタイリングだったのが、例の「NOT MY RESPONSIBILITY」があって、ランジェリー姿のスタイリングでシューティングした英国VOGUEの表紙があって、彼女が明らかに次のフェーズに突入したことがわかる。「他人に何を言われようが好きなことをやる!」という明らかに戦闘モード。

小林:『Happier Than Ever』っていう7月最終週リリースの2ndアルバムのタイトルにしても、自分はポップシステムの犠牲者には絶対にならないっていう宣言みたいなものですよね。と思えば、豪華ゲスト満載のアルバムでヒットを飛ばす、2010年代とまったく何も変わらないDJキャレドもいたり。と思えば、ファン待望の『カルチャーIII』からの1stカット「Straightenin」があんまりバズってないミーゴスがいたり。いろんなものが変化の途上にある感じですね。

DJ Khaled / KHALED KHALED



Migos / Straightenin



田中:オリヴィアを聴いてる12歳の子からすれば、ミーゴスの「Bad and Boujee」は7歳の時のメガヒットでしょ? きっと子供時代に観てた『アンパンマン』みたいな感覚だよね。「昔、バッブジー、バッブジーなんて、友達と歌ってたよね。懐かしい!」みたいな。

小林:ミーゴス=アンパンマン説(笑)。

Migos - Bad and Boujee ft Lil Uzi Vert [Official Video]



タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE