甲斐バンド、デジタルとアナログの狭間でもがく80年代初頭を振り返る

甲斐バンドのデビュー45周年のライブベストアルバム『サーカス&サーカス2019』

日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2021年6月は甲斐バンド特集。第3週は、音楽取り巻く環境にデジタルが取り入れられ始めた当時の、1980年から1982年までの甲斐バンドを振り返る。

田家秀樹(以下、田家)こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今流れているのは、甲斐バンドで「破れたハートを売り物に」。1981年11月に発売のアルバム『破れたハートを売り物に』のタイトル曲です。2019年に出た45周年ベスト『HEROES -45th ANNIVERSARY BEST-』からお聞きいただいております。

破れたハートを売り物に / 甲斐バンド

音楽、変わりましたでしょう? イントロとか歌のバックで乱舞しているアフリカン・パーカッション、そしてエコーのかかった太いドラム。生きることを素晴らしいと思いたいという、生きることへの真正面からの肯定。1980年代の新しい世界がここから始まった、そんな1曲です。

今月2021年6月の特集は、甲斐バンド。1974年のデビューで、1986年に解散公演としては当時史上最大だった武道館5日間公演で解散しました。あの解散公演から35年ということで、改めて軌跡を辿ってみようと思いました。1970年代のはっぴいえんどから、1980年代のBOØWYに至る過程での最重要バンド。まだロックバンド不遇の時代に、不退転の活動を続けたロックバンド・甲斐バンド。栄光の十二年間、を辿ってみようという1ヶ月。

今週はPart3。1970年代から1980年代、「HERO(ヒーローになる時、それは今)」以降ですね。世界の音楽状況が激変する中で、メジャーシーンに躍り出た不屈のロックバンドがどう1980年代を迎えたか? その一つが野外イベントですね。1980年に箱根芦ノ湖畔、1981年に花園ラグビー場、1983年新宿西口新都心。全部野外でした。1985年には、両国国技館を初めてコンサートに使いました。誰もやったことのない場所でやるというのが、彼らの旗印でした。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE