WANDSが語る第5期のアイデンティティ「カウンター精神があるかもしれない」

WANDS


ーそして今回もWANDSのセルフカバーが収録されています。「錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう」と「Brand New Love」カップリングについては、どういうセレクトだったんですか。

柴崎:今回もスタッフ達と話し合いをして、昔からのWANDSファンの方が聴きたそうな曲を選ぼう、という感じで選びましたね。

上原:これまで第1期、第2期の楽曲をセルフカバーしてきたので、第3期の曲を選ぶのは面白いと思いましたね。

ー原曲の「錆びついたマシンガン」は歌モノ寄りの印象があるんですけど、今回は楽器が前に出てますよね。

柴崎:めちゃめちゃハードロックにしようと思ったんですよね。だから歌がやや小さめだったりとかサウンド感を強調した方が良いかな、と思って。

ー2番終わりからのCメロが堪らなかったですね。

柴崎:あそこが一番原曲と違うので、あれが良いと思ってやったんだけど、プロデューサーからはNGが出ると思ったんですよ。そしたら意外に大丈夫だった。

上原:別物なのでビックリしましたもん(笑)。

柴崎:ここで落としちゃうんだ!みたいな。我ながら攻めたなと思いますね。

上原:ボーカルとしては、サウンドの印象から導き出された歌唱で挑みました。最初の頃は前に歌っていた方がどうなのかを、どれだけ意識するかが課題だったんですけど、今はあんまりなくて。前に歌っていた方のニュアンスが降臨してきたのなら、そのまま歌えばいいし、この楽曲が求めている歌い方で臨めばいいのかなと自然な感じでトライしたら、この歌い方になりましたね。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE