TWICEが語る、楽曲の進化とグループの成熟「私たちは大きく成長しました」

TWICE


ONCEへの想い、グループの成長

ーこれまでは頻繁に海外を回って世界各地のファンに会っていましたが、パンデミックでそれもできなくなりました。再びファンに対面できると気がきたら、何が一番楽しみですか?

ミナ:対面式のコンサートが待ち遠しいですね。安全な状況になったらすぐにでも皆さんと直接お目にかかりたいです。

モモ:対面式でパフォーマンスできるようになったら、ファンの皆さんの声援を聞くのが楽しみです。

ーこの1年のオンラインコンサートやバーチャル・ファンイベントを振り返って、とくに思い出に残っていることはありますか?

ナヨン:以前はファンイベントといえば、ファンが私たちのところにやって来るという形でしたが、オンラインでのファンイベントでは私たちのほうが皆さんのお宅にお邪魔するという感じですね。ファンの皆さんのお部屋やペットや職場などを見せていただけるのは最高です。皆さんのお部屋を拝見すると、私たちのグッズや写真を飾っている人が大勢いることがわかって、すごく感激しました。話には聞いていましたが、実際に自分の目で見るのは新鮮で、楽しい経験でした。

ーTWICEはこの1年大忙しで、この夏もスケジュールが詰まっています。自由時間にはどんなことをして過ごしたいですか?

ジヒョ:サーフィンを習いたいですね。去年は台風とパンデミックで1回しかトライできなかったので、今年はもっと習えたらと思っています。

ナヨン:ここのところ天気がすごくいいので、犬たちを連れて長い散歩に行きたいです。

サナ:私は乗馬をやりたいですね。実は動物アレルギーで、とくに馬はダメなんですが、それでも挑戦してみたいんです。

ーTWICEがデビューしてもう6年が経ちます。自分たちの変化や成長ぶりをどう思いますか?

チェヨン:見方によっては長かったような気もしますし、短かったようにも感じます。とくに去年はあっという間でしたね。自分たちの変化に関していえば、今ではメンバー同士家族のような感じだと思います。全部言わなくてもお互いのことが理解できますし、新作への取り組み方も変わってきましたね。以前よりも自分たちの意見やフィードバックを取り入れてもらえるようになったおかげで、プロジェクトのたびに情熱を注ぐことができていると思います。

ツウィ:私はステージで前よりもリラックスして、楽しめるようになったと思います。デビューしたてのころは、感情を表に出したりコミュニケーションをとるのに苦労していましたが、今ではファンのみなさんとできるだけ交流して、心を開くようにしています。

ジヒョ:その通りですね。私たちは大きく成長しました。

From Rolling Stone US.

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE