河村隆一が語る、音楽と機械式時計に共通する哲学

河村隆一

LUNA SEA、そしてソロアーティストとして走り続けている河村隆一。ここ最近でも、LUNA SEAとして東京ガーデンシアター3DAYSを完遂し、一方ソロでは1日に4ステージをおこなった“マラソンライブ”と、ヴォーカリストとして進化することを止めない河村。そんな彼の趣味の一つが、アナログ機械式時計である。河村の音楽と機械式時計の重なり合う哲学とは?

【写真を見る】河村隆一がソロ作を通して語る、故YOUやGEORGEらとの交流

―RSJには久しぶりの登場なので、まずは時系列でライブのお話を聞かせてください。去る3月27日、28日に開催された「LUNA SEA -RELOAD- さいたまスーパーアリーナ」はLUNA SEAとしては久しぶりの有観客ライブだったと思います。

久しぶりでしたね。確か13カ月ぶりだったと思います。

―改めて2日間を振り返って、いかがでしたか? 初日は、久しぶりのライブで手探りな感じもあったかと思います。

正直あったと思います。もちろん熱量が落ちないように、一生懸命メンバーみんなでやれることをやろうとはしているけど、やっぱり空回りしてた部分もあったかもしれないですし。ただ、それが逆に言うとライブの良さでもありますからね。

―声の調子はいかがでしたか?

初日で声が枯れてしまったんです。リハまでは絶好調だったのに、何でこんなに早く枯れるんだろう?と思って。「よっぽど叫んでいるのかな……」とか思いながら、2日目も叫び続けていましたね(笑)。

―逆にロック魂に火が付いた?

そうですね。良くも悪くも。

―「ノーマイク・ノースピーカーズコンサート」や、一夜で70曲を歌うライブを行ってきた隆一さんが1回のライブで声が枯れたのはショックだったのではないですか?

そうですね。コロナでライブから少し遠ざかってしまっていたので。それが全ての原因ではないにせよ、少し不安になりましたね。

―2日目、バンドとしてのグルーヴがすごくて心揺さぶられました。「LUNA SEA -RELOAD- さいたまスーパーアリーナ」の2日間で奇跡だったなと思う瞬間はありましたか?

あのライブは、感染防止対策のため、途中で換気のための休憩時間をもうけて二幕制にしたんです。休憩明け、第二幕の1曲目は『LOVELESS』だったんですけど、リリースした当時のことを思い出しながら歌っていて、過去を生きながら未来を見ているような、すごく不思議な感覚でした。

―そういう経験は今までには?

ないかもしれないですね。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE