JINが語る、歌手としての義務と使命、BTS「Spring Day」に込めた想い

米ローリングストーン誌より、BTSのJIN(2021年4月6日、韓国・ソウルにて撮影) Photograph by Hong Jang Hyun for Rolling Stone. Fashion direction by Alex Badia. Jacket, top, and pants by Dior Men.


ーそうした想いがソロ曲「Abyss」の歌詞に投影されているのですね。

「Abyss」というタイトルからもわかるように、作詞中は本当に絶望のふちにいるような気分でした。とにかく悲しくて、気が滅入っていたんです。でも実際この曲を歌い、レコーディングに入ったおかげでこうした重い気持ちがかなり軽くなりました。

ー「Moon」はギターが主体の名曲です。BTSがもっとロック寄りの楽曲をやりたがっているという噂は本当ですか?

ロック寄りの楽曲がくれば、絶対拒まないと思います。もっとたくさんできたらいいなとは思うのですが、たちのチームのスタイルにふさわしいものでなければいけませんよね。


BTSのJIN(2021年4月6日、韓国・ソウルにて撮影)
Photograph by Hong Jang Hyun for Rolling Stone. Fashion direction by Alex Badia. Jacket, top, and pants by Dior Men.

ー演技というバックグラウンドをお持ちですが、練習生時代にゼロから歌と踊りを勉強したというのは本当ですか? そのときの体験について聞かせてください。

それは事実ですし、いまも変わっていません。他のメンバーがもっと自然にできるかもしれないことが、にとってはかなり難しいのも事実です。いろんなところに弱点があるんです。たとえば、他のメンバーは1日で振り付けを覚えて、すぐに音楽に合わせて踊ることができます。でも、にはそれができません。だからメンバーの足を引っ張ったり、チームの負担になったりしないように、一生懸命努力します。1時間早くダンスのレッスンに来たり、レッスン後も1時間くらい残って練習したりしますね。講師の方にもう一度振り付けを教えてくださいとお願いするんです。

ーそれでもあなたは、素晴らしい歌手に成長しました。歌のテクニックをマスターしたと感じるようになったのはいつ頃からですか?

自分が歌手になったと実感できた瞬間は、本当の意味ではなかったと思います。それに、はまだ歌をマスターできていません。でも、歌手にはオーディエンスに喜びを届ける義務と使命があります。ツアー活動をするうちに、オーディエンスがのパフォーマンスを観て喜んでくれていることに気づきはじめたんです。同じ感情を共有し、のパフォーマンスがみんなの胸にもっと響くようになっていきました。これを機に、歌であれ、パフォーマンスであれ、その他のことであれ、オーディエンスとコミュニケーションが取れていると実感できるようになりました。

Translated by Shoko Natori

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE