ちゃんみな、演劇やサーカス要素を取り込んだストーリー展開で魅せた中野サンプラザ

ちゃんみなのワンマンライブ「THE PRINCES PROJECT 5」(photo by 井手康郎)

ちゃんみなが、2021年6月15日、大阪オリックス劇場で有観客ライブを行い、5月から始まった全国ツアー「THE PRINCES PROJECT 5」のファイナルを迎えた。

本公演は昼の部と夜の部にわかれており、ストーリー仕立てで構成されたもの。ここでは以下に、5月25日中野サンプラザで行われた東京公演のオフィシャルレポートを掲載する。

関連記事:ちゃんみなとSKY-HIが贈る、真面目に不真面目なクリスマス・ソング

【昼公演】

定刻になり、客電が落ちると、陽気な男性の声が案内役としてホールに響き渡る。それによると、どうやらこのライブは日本一のサーカス団によるショーで、ちゃんみなはその看板娘、という設定らしい。ホールに「Angel」のフレーズがサンプリングされたファンファーレが流れ、幕が開くと、2段構成のステージに男女4人ずつのダンサーと4人のバンドメンバーがスタンバイ。客席から大きな拍手が起き、ちゃんみなは天井から吊るされたエアリアルフープで下降しながら登場。そのまま「Angel」でライブはスタートした。


photo by 井手康郎

ちゃんみなのライブは音源に大幅なアレンジが加えられることが多いが、今回もその方向性は継続されていた。2曲目「FXXKER」では、サーカスの曲としてよく知られるフチークの「剣闘士の入場」がサンプリングされるなど大胆にアレンジされ、非日常感を演出。ステージからはレーザーも放たれ、いきなりの迫力ある演出にオーディエンスはピンクのペンライトを振って応える。曲の冒頭では女性ダンサーがちゃんみなにステッキとハットを手渡すシーンがあったが、これはおそらく、ちゃんみながこのサーカス団のリーダーであることを示していたのだろう。このように、小さな動作や小道具のひとつひとつによってストーリー展開が示されていて、まったく目を離すことができないライブになった。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE