甲斐バンド、1974年から1977年までの歩みを振り返る

甲斐バンドのデビュー45周年のライブベストアルバム『サーカス&サーカス2019』

日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2021年6月は甲斐バンド特集。第1週は甲斐バンドのデビューアルバム『らいむらいと』から3枚目のアルバム『ガラスの動物園』を基に、1974年から1977年までの甲斐バンドを振り返る。



田家秀樹(以下、田家)こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今流れているのは、甲斐バンドで「吟遊詩人の唄」。2019年に発売のデビュー45周年のライブベストアルバム『サーカス&サーカス2019』からお聞きいただいております。

今週の前テーマ、というより一曲目という感じですね。この曲のオリジナルは、1974年12月に出たデビューアルバム『らいむらいと』の曲です。このアルバムの他の収録曲は全部オリジナルなのですが、この曲だけイギリスのシンガーソングライター、レオ・セイヤーの1974年の「ONE MAN BAND」という曲に、甲斐さんが歌詞をつけたカバー。1974年当時の新曲。発売されてすぐに歌詞をつけて歌ったんでしょうね。ライブのお客さんの歓声をお届けしたくて、長めにお聞きいただきました。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE