LOW IQ 01の青春時代「市川昌之からLOW IQ 01になった1991年」

LOW IQ 01


じゃあ、次いきましょうか。さっきも話に出たけど、宮沢りえの写真集『Santa Fe』ですよ。当時、俺は宮沢りえの大ファンで、周りもみんな俺がファンなのを知ってるから、朝一で地元の友だちから電話がかかってきて。「いっちゃん大変、新聞見て」って言われて。読売新聞の真ん中に一面で載ってて、衝撃だった。全新聞でやって、しかも告知なしの全盛期のトップ中のトップが突然写真集。今で言う広瀬すずが写真集出すみたいなものだろうね。もう友だち皆で写真集を片手に試写会みたいなのしたもん。でも、これって篠山紀信じゃない? ヘアヌードだけど、この前にちょっと話題になったのが、樋口可南子。

ー樋口可南子さんでヘアヌードが問題になったんですけど、徐々に黙認され始めた状況ですね。

昔、雑誌は必ず黒い墨みたいなもので塗ってたもんね。男はバカだから、バターを塗ると落ちるよとか言ってた(笑)。でも、それは1980年代の話だからね。そういうのもなくなってきて、これが解禁っていうわけじゃないけど、コンビニとかでも、普通に見れるようになっちゃったしね。次は「じゃあ~りませんか」だよね。これもある意味衝撃で、東京の人間だから新喜劇を知らないわけよ。どちらかと言うと、フリーキーな感じがしておもしろさより恐怖を感じた。これはポケ飯のCMなんだよね。ベストセラー書籍だと、もちろんさっきも出た『Santa Fe』ですよね。当時の高校生男子は必ず持ってたもん。それはベストセラーになるわ。何百万部が、宮沢りえの記録だよね。あとは本だと、『タモリ・ウッチャンナンチャン世紀末クイズ』も入ってるけど、お笑い第3世代、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンがゴールデンに来るわけよ。その話の続きでいくと、『宜保愛子の幸せを呼ぶ守護霊』で宜保愛子の時代がきて、とんねるずが宜保たか子ってモノマネしてた。

ー次は1991年のヒット曲だといかがでしょうか。

この年のヒット曲って全部ドラマじゃない? トレンディドラマ、月9の金字塔ですか。歌の思い出というわけじゃないけど、「ラブ・ストーリーは突然に」は最初のギターのカッティングだよね。当時、俺はトレンディドラマというものが世の中に乗っかってるみたいで嫌で。『東京ラブ・ストーリー』も最初は観ないアンチだったけど、友だちの家で再放送しててハマった。トレンディドラマっておもしろいんだなと思って『101回目のプロポーズ』で大ハマリしたんだよね。「僕は死にません」は流行語だよね。『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』のコントとか、鶴瓶もよく「僕は死にましぇん!」のモノマネしてた。ヒット曲で言うと、「愛は勝つ」。これも同じく『やるならやらねば!』で内村が唇をすごい太く塗ったメイクして出て、ひどいモノマネをしてたの覚えてる。キョンキョンの「あなたに会えてよかった」もドラマ『パパとなっちゃん』の主題歌だよね。浜田雅功が初めてドラマに出たのを覚えてる。酒屋の兄ちゃんかなんかの役で、いつも軽トラ乗ってるんだよ。あとはもう、「しゃぼん玉」でしょ。これはもうすごいですよ。「とんぼ」以来の衝撃ですよ。長渕剛が演じる西新宿のポー先生。最後がすごくて、演説みたいになっちゃうんだよね。好きで観てたな。まだ西新宿が今みたいに都市開発されてない時なんだよね。結局、この時に売れた曲はドラマ主題歌なんだね。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE