ウルフギャング・ヴァン・ヘイレンが語る、不滅のロック愛

ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン



ロックとは、自分自身を楽しみ、楽しい時間を過ごすためのもの

―あなたは今年の3月で30歳になったばかりですよね。おめでとうございます。遠い昔、ロックンロールの世界では“Don’t trust over thirty”なんてことが言われたものですが、ロックンロールも長い歴史を経てきて、むしろ今では逆に30代以上のためのもののように見られているような傾向もあります。そして、このアルバムは紛れもなくロック作品だと思うのですが、あなた自身の辞書でロックの意味を引くとどんなふうに書かれているのでしょう?

WVH:まずはお祝いの言葉をありがとう。実際、僕自身の目から見ても、今現在、ロックという音楽ジャンルが流行っているとは言いがたいところがある。確かにロックは、今や30代以上の人たちが好むカテゴリーになっているかもしれないね。ただ、その波はまた戻ってくはずだと思っているんだ。僕にとってのロックとは、自分自身を楽しみ、楽しい時間を過ごすためのもの。そして、僕がいちばん聴きたい音楽、いちばん好きな音楽ということになるね。

―僕自身、遠い昔、20代末期の頃には30歳になる日を1日でも先延ばしにしたいと考えていたものでした。しかし実際にそうなってみると何も変わらず、むしろ以前のままであり続けて良いのだと気付かされたものです。あなた自身はこの年齢になることについて、どのように感じていましたか? そして実際30歳になってみて、どう感じていますか?

WVH:僕もまったく同じことを感じているよ。年齢なんてものは、ただの数字でしかない。確かに、こうして実際に30歳になっている今でもその自覚がないというのは少しばかりおかしなことかもしれないし、少なくとも人間的な成熟度という意味においては、まだ自分自身では10代の頃と感覚的には同じままであるような気もする。でも実際には、僕はもう大人なんだって理解しているけどね。

―さて、今後のことを。今現在は通常のライブ活動ができにくい状況が続いていますが、今後、Mammoth WVHとしてはどのような活動展開を考えていますか? いざライブをやることになった場合、あなたはヴォーカルをとりながらどの楽器をプレイすることになるのでしょう?

WVH:これから先のことが楽しみだよね。安全が確保され、どこにでも行けるようになったならば……それは同時に、いろいろな国や地域の人たちが僕らを受け入れ得る状況になったら、という意味でもあるけども、日本に行けることをとても楽しみにしているし、日本でたくさんの人たちに観てもらえればと思っているんだ。なにしろ僕は日本の文化が大好きだからね。すごく素敵な場所だから、何度でも訪れたいと思っているよ。それからライブでは、主にギターを弾きながら歌うつもりでいる。さきほど名前を挙げた仲間たちと一緒にプレイすることになるはずだよ。

―最後に、アルバム発売を心待ちにしている日本のファンに向けてメッセージをいただけますか?

WVH:このアルバムを楽しんでもらえたら嬉しいな。僕はこのアルバム制作の過程において素晴らしい時間を過ごし、全力を尽くしてきた。これまでの人生で、何かひとつのことにこんなにも一生懸命に取り組んだことはなかったと思う。だからこそ聴いて楽しんでもらえることを願っているし、みんなの住む国に行ってライブをすることを楽しみにしているよ。





<INFORMATION>


『Mammoth WVH(マンモス ダブリュー ブイ エイチ)』
Mammoth WVH(マンモス ダブリュー ブイ エイチ)
エイベックス
6月11日発売

★デジタル
配信Linkfire(全14曲)
https://avex.lnk.to/MammothWVH-0611

★日本盤CD詳細
製品番号:AQCD-77492
POS:454211477492/8
税込価格:2,420円(税抜)2,200円
●日本盤ボーナス・トラック1曲収録(日本盤CDのみ)
●歌詞・対訳付
●初回封入特典:ジャケット・ステッカー(日本盤CD限定)

<トラックリスト>
1. Mr. Ed(ミスター・エド)
2. Horribly Right(ホリブリー・ライト)
3. Epiphany(エピファニー)
4. Don’t Back Down(ドント・バック・ダウン)
5. Resolve(リゾルブ)
6. You’ll Be The One(ユール・ビー・ザ・ワン)
7. Mammoth(マンモス)
8. Circles(サークルズ)
9. The Big Picture(ザ・ビッグ・ピクチャー)
10. Think It Over(シンク・イット・オーバー)
11. You’re To Blame(ユア・トゥ・ブレイム)
12. Feel(フィール)
13. Stone(ストーン)
14. Distance(ディスタンス)*ボーナス・トラック
15. Talk & Walk(トーク・アンド・ウォーク)*日本盤CDのみのボーナス・トラック

・Mammoth WVH at:
YouTube: https://youtube.com/channel/UCIzomCKpD_K71FGHvoljNFg
Twitter: https://twitter.com/MammothWVH
Instagram: https://www.instagram.com/mammothwvh/
Facebook: https://www.facebook.com/MammothWVH
Website: www.mammothwvh.com

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE