Adoが語る、歌い手の衝動「孤独は悪いものではない」

Ado



Adoが考える自分の強み

―正しい振る舞いばかりを意識してると、「うっせぇわ」の主人公みたいに窮屈になることはないですか?

Ado 窮屈になったとしても、行動に出したらすべて終わりですし(笑)。もちろんたまに「ああ大変だな」と思うところもありますが、自分の立場や周りのすべてが変わってしまったわけではなくて、身内や友人は自分が有名になっても今まで通り普通に接してくれているので、その人たちに救われてる部分はあります。なので特に窮屈に感じることはありません。

―これからどういう大人になりたいと思いますか?

Ado もうちょっと責任感を持ちたいです……(笑)。

―先ほどの発言からは十分自分の行動や発言に責任感を持たれているなと感じました(笑)。

Ado まだ甘えてる部分があるので(笑)。自分を甘やかさないようにしたいです。

―逆に、どういう大人にはなりたくないなと思いますか。

Ado 自己中心的にはならないようにしたいです。無意識に自己中心的な考えになってしまうことがあるので、そういうのはだんだんなくしていきたいですね。いろんな人に「10代なんてあっという間だよ」「20代前半はあっという間だよ」とか言われるんですけど、あっという間に過ぎていく中でそんな想いを抱えているのはまずいなと思い始めて、今の内に、幼稚な部分を直していきたいなと思っています。

―お話を聞いていると、「うっせぇわ」の主人公とは真逆くらいの発言だなと(笑)。

Ado あははは(笑)。でも「うっせぇわ」の歌詞に共感する部分はあるので。“つまみ易いように串外しなさい”とか“社会人じゃ当然のルールです”とか、そういったことは経験していないのでわからないですが、怒りという感情は自分にもあるので、自分が経験してきたことや思ったことと重ねて歌いました。

―それは、どういう怒りですか?

Ado 人に対する怒りもありますが、一番は自分に対する怒りですね。「なんで私こんなにバカなんだろう」「愚かなんだろう」って、そう思うところが多かったので。

―今も、自分に対する怒りは大きいですか?

Ado むしろそれしかないです。計画性がなくてギリギリに何かを提出するだとか、何も考えないでやって後悔するだとか、そういうことが多くて。「なんで直せないんだろう?」「なんでまだこうなんだろう?」って思う気持ちが大きいです。

―「うっせぇわ」のsyudouさんや、「踊」のGigaさん、TeddyLoidさん、DECO*27さん含め、やはりAdoさんは、声はもちろんそれ以外の部分でも音楽クリエイターを掻き立たせるものを持たれているなと思います。ご自身では「Ado」というアーティストの個性はどういったところにあると自覚されていますか?

Ado 自分の歌い方って、がなったり声色を変えたり特殊だと思っているんですけど。でもそれよりも、感情を剥き出しで歌う、怒りなら怒りの感情そのまんまにして歌う、というのが自分の個性のひとつなのかな。歌詞によって心情は変わるんですけど、とにかく心情のまま歌うのが自分の強みなのかなとは思います……が、ちょっと自分ではわかりません(笑)。

<INFORMATION>

「踊」
https://ado.lnk.to/odo

「ギラギラ」
https://ado.lnk.to/giragira

「レディメイド」
https://umj.lnk.to/ado_rm

「うっせぇわ」
https://umj.lnk.to/ado_usseewa

公式ホームページ
https://www.universal-music.co.jp/ado/

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE