BiSHモモコグミカンパニー、YouTuberパーカーと語った「ぼっち」の哲学

左からモモコグミカンパニー、パーカー(Photo by Kana Tarumi)



動画を通じて皆と共有する「一人の心地よさ」

パーカー:僕も初めは一人って確かに恥ずかしいし、そもそも一人になるって発想とかもなかったんですけど。ただなんだろうな、そもそも人と喋ってても楽しいと思う瞬間が少なかったりして、それだったら会話してる時間、大学の勉強をしたらもっと自分の世界が広がるんじゃないかと思って。

モモコ:今も思ってたり?(笑)

パーカー:(笑)人と話すことが嫌いなわけではなく、何人かで固まって「彼女欲しい」とか話してたりするのが本当に苦手で。だったら一人でいるほうがいいなっていうのは思ったりしますね。

モモコ:一人で寂しいなって思うことってあんまりないんですか?

パーカー:それはないですね。昔は多分あったのかもしれないですけど。

モモコ:パーカーさんの動画を見ていて、すごい温かいチャンネルだなぁと思ったんですよ。ぼっち系なのに全然ぼっちの悲壮感みたいなのがないなーっていうのがあって。それってチャンネルを見てくれる視聴者の方とかも関係してるのかなって。

パーカー:ああ、確かに。僕は単に動画を上げるだけなんで、(視聴者の方と)直接会ったり関わったりってことはないんですけど、コメント欄を通じていろいろ知ることができるので。この動画は何回再生されたっていう数字だけじゃなく、実際のところどういう風に思われたのか、そういう感想を知ることで「見てくれる人がいる」という実感を得られます。

モモコ:コメント欄を見るとパーカーさんに対するツッコミが多いですよね。普通に撮ってるだけって本人は思ってるかもしれないけど、ツッコミも含めて面白い。コメントとセットで完成というか、コメント欄も見て楽しめるチャンネルだなって。傍から見てる感じだと、パーカーさんと視聴者さんとの関係って、BiSHのようなグループにも通じるところがあるなと思いました。しっかりチャンネル登録して、動画が更新されたらすぐにチェックしに行くみたいな。ファンレターとかもらったりするんですか?

パーカー:ファンレターとかはないんですけど、更新した瞬間に見に来てくださる方はいますね。些細な変化についてもコメントしてくれるので、今自分ってこういう感じなんだって捉えるきっかけにもなったりしてます。

モモコ:そこで気づくみたいな。

パーカー:はい。そういう意味では助かってるというか、ハッとさせられたりしますね。


Photo by Kana Tarumi

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE