デスマッチのカリスマ、葛西純が語る人生観「俺の生きてる意味がここにあった」

映画『狂猿』葛西純©2021 Jun Kasai Movie Project.



―そういう美意識を持っている葛西さんが思う、理想のデスマッチってどんなものなのでしょう?

葛西:“血だらけでもあんまり残酷さを感じさせない、ちょっと美しさを感じさせる”デスマッチですね。

―小さい頃は血を見るのも怖かったそうですが、リング上だとむしろ血が美しく感じられる?

葛西:小さい頃は、「痛いもの=怖い」だったんですけど、デスマッチをやっていく上で、そういう感覚ではなくなっていったんですよね。そもそもなんでデスマッチを始めたかというと、うちの親父もプロレスファンで小さい頃に一緒になってプロレスを観てたんですけど、「今の技は当たってない」とか「じつはそんなに効いてない」とか言う嫌なタイプのプロレスファンだったので、一緒に観ているとめっちゃテンションが下がるんですよ。なので、自分がプロレスラーになったら、親父にそういうことを言わせないプロレスをやろうと。それがイコールデスマッチだったんです。誰がどう見ても痛いので。だから、手段ですよね。親父にちゃちゃを入れられない手段としてデスマッチを選んだだけであって、そもそもはそんなにデスマッチが好きだったわけじゃないんです。

―お父さまは、そのデスマッチを実際にご覧になって何とおっしゃっていたんですか?

葛西:色々と自分のデスマッチを観てきて、最終的には「純、辞めて家族と田舎に帰ってこい」って言いましたから。親父との勝負には勝ったんですよ。

―あちらがギブアップしたという。

葛西:そうですね。ギブアップして天国へ行っちゃいましたから(笑)。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE