デスマッチのカリスマ、葛西純が語る人生観「俺の生きてる意味がここにあった」

映画『狂猿』葛西純©2021 Jun Kasai Movie Project.

“デスマッチのカリスマ” 葛西純を追った初のドキュメンタリー映画『狂猿』が2021年5月28日より劇場公開される。


蛍光灯、ガラス、カミソリボード、画鋲etc……あらゆるデスマッチアイテムが待ち受けるリング上に身を投じて血まみれになっていく主人公。思わず目をそむけたくなるシーンもある一方で、二児の父親としての家庭的でほんわかした日常も映し出される。

関連記事:哀川翔が還暦前に語るターニングポイント ドラマ『とんぼ』からVシネマ、プロレスまで

そのギャップにあるものはいったい何なのか、プロレスラーとしてのルーツからコロナ禍でのリングへの思い、そして“プロであること”の意味を聞いた。



Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE