大久保伸隆が語る、辛さを抱えた人に寄り添う新作アルバム

大久保伸隆

大久保伸隆が、2021年5月16日に4thアルバム『Time』をリリースする。1996年にSomething ELseのリード・ボーカルとしてデビュー。2006年にはバンドが解散し、翌年にソロ名義での活動を続けてきた大久保伸隆。今作『Time』は、2007年から開催してきた年5回の定期ワンマンライブ「Flight Night Party」で人気の高い曲を中心に、書き下ろし新曲「未来」と斉藤和義の名曲「歌うたいのバラッド」を収録した一枚となっている。

そんな大久保伸隆にインタビューを敢行。今作に集められた楽曲はもちろん、コロナ禍での活動に感じる想いとソロ活動の15年に触れる話を訊いた。

ーコロナ禍でほとんどのミュージシャンが試行錯誤されている状況ですが、大久保さんの活動の動向はいかがでしょうが?

やっぱりやりづらいですね。僕も含め、ほとんどの方が色々なことが変わる状況に振り回されていると思うんです。去年、緊急事態宣言が出て、有観客ライブもギリギリまで引っ張った挙句に中止になったりとか。配信ライブをやるにしても初めてのことなので試行錯誤していて、2020年はただただ疲弊して終わったような気持ちになっちゃって。2021年は少しは状況が改善するかなと思ったらそうでもなさそうですし、先の見えない状況の中でライブを組み立てたりしていますね。決めていたことに制限や自粛が急に出てくるので、そこから変えざるを得ないというのが大変で。それを常に考えないといけない状況がどうにかならないかなと思いますね。クリエイティブにもなかなか集中できないです。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE