笑いと涙、受難と希望 小林うてなの数奇な音楽人生

Utena Kobayashi(Photo by Mitsuru Nishimura)


今伝えたいのは「楽しく生きようや」
アルバムで描いた人生讃歌の物語

―自分の中でソロ活動はどういう位置付けなんですか?

Utena もともとは「自己救済」みたいな感覚。サポートでいろんな現場に参加させてもらう一方で、自分エキスの純度が高いものを作るのが尊くて、妄想の世界に行けるのがとにかく楽しかった。でも一昨年は(サポートで)フェスのほうが忙しくて余裕がなかったから、そんなこともしてられなくなって。自分の音楽に触らなくなっちゃった。それでも私は何事もなく生きてるわけで、(ソロ活動に)依存しすぎだったと気づいたんです。そこからコロナの影響で時間ができて、また自分の音楽に戻ってきた時に、セラピーや癒しではなく、「物語」についての音楽を作ろうと考えたんです。

―それが冒頭の『ONE PIECE』の話に繋がると。

Utena そうそう(笑)。だから今はもっと作家的な視点で、自分に対して厳しくもなれるし、俯瞰しながら自分の音楽と向き合えるようになりました。


Photo by Mitsuru Nishimura

―今回の『6 roads』は六道輪廻から着想を得たアルバムで、六道輪廻というのは「来世のために現世の生き方を説く」ものらしいですが、どういうストーリーを描こうとしたのでしょう?

Utena 一言で言っちゃえば「人生讃歌」、要は「楽しく生きようや」ってこと(笑)。その境地に辿り着くまでには悲しいこともあるわけですよ。でも、最悪としか思えない人生だって、勇気を持って乗り越えればいいことはある。それは私の実体験でもあるから。そういう現実的な部分と、超妄想なファンタジーの部分が混ざり合った感じです。

―コロナ以降のムードを反映しようとすると内省的な表現になりがちですけど、このアルバムは1曲目の「GONIA SE IIMIIX」からブイブイ飛ばしてますよね。

Utena 「前に進もうぜー!」って気持ちが出ちゃってますよね(笑)。ずっとライブで演奏してきた曲で、「天地創造」というテーマを意識しつつ、アルバムでは仁也(D.A.N.の市川仁也)にベースを弾いてもらって、スティールパンも入れてみました。



―サウンド面で意識したことは?

Utena うーん、アゲな感じ?

―間違いない(笑)。スクリレックスも好きだと聞きましたが、この曲にはEDMの要素も感じました。

Utena スクリレックスがきっかけで、EDMを好きになったのは本当によかったです。同じダンスミュージックでも、テクノの聴き方はまだわからなくて……宇宙人の音楽に聴こえるんですよ。何もかも削ぎ落とされた未来の音楽で、宇宙人にはわかっても私は思考停止しちゃう(笑)。EDMは音もブワーって感じで、古代の音楽みたいですよね。みんなで火を囲んで、太鼓を叩いて盛り上がるみたいな。

―その一方で、6曲目の「Mt. Teng-Tau」みたいに瞑想的で落ち着いた曲もある。制作中はどんな音楽を聴いていたんですか?

Utena 主にピアノ・コンチェルト(協奏曲)を聴いてましたね。クラシック音楽を改めて聴くと、唐突な展開だったり、急激に音が小さくなったり、現代の音楽には見られない表現がたくさん出てくる。そういう柔軟な発想を、自分なりに取り入れてみたつもりです。いつかは私も作ってみたいですね、スティールパンのコンチェルトとか。



―ここまでの話で思ったのが、うてなさんは音楽をアカデミックに追求する一方で、そこから解き放たれようともしてきたわけですよね。2つの相反する価値観と向き合ってきた、そんなふうにも言えるのかなと。

Utena そうなのかな……時代とともに、ですかね。昔の私はストイック過ぎて、「信念を曲げているヤツはマジで大っ嫌い! 」という感じだったので。「ライブで失敗して泣くならそもそも練習しようや、後悔するくらいならとにかく練習だろう」という。スポ根が過ぎるやつですね(笑)。

―自分のこともそれだけ追い込んでいた。

Utena 大学を途中で辞めるからには、卒業する人たちと同じことをしていちゃダメだし、別の何かを開拓していかないと学費も無駄になる。だからこそ技術やテクニックを身に付けたかった。でも、さすがに31歳にもなると……。

―考え方も変わってきた?

Utena 自分にできないこともわかってくるし、逆に「今からでもできそう」と思えることもある。そういう意味では、もっと新しいことに挑戦したいですね。座右の銘は「斧で耕す心の畑」。自分のことを斧で耕しまくって、最近は「楽しく生きようや」と考えられるようになってきた。今はちょうどいい感じかもしれないです。




『6 roads』
Utena Kobayashi
BINDIVIDUAL / Caroline International
発売中
絵本仕様CD 28ページ

配信リンク:https://caroline.lnk.to/6roads
CD購入ページ:https://caroline.lnk.to/6roads_CD


小林うてな
⻑野県原村出身。東京在住。コンポーザーとして、劇伴・広告音楽・リミックスを制作。アーティストのライブサポートやレコーディングに、スティールパン奏者として参加。 ソロ活動では「希望のある受難・笑いながら泣く」をテーマに楽曲を制作している。2018年6月、音楽コミュニティレーベル「BINDIVIDUAL」立ち上げ。同時にermhoi、Julia Shortreedと共にBlack Boboi結成。2019年6月、Diana Chiakiと共にMIDI Provocateur始動。ライブサポートでD.A.N.、KID FRESINO(BAND SET)に参加、蓮沼執太フィル所属。

Text by Hiroyoshi Tomite

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE