Panorama Panama Townが語る、新体制での試行錯誤と最新作

Panorama Panama Town


ー僕の中ではPanorama Panama Townってまくしたてる曲の勢いがあったり、ラップで言葉を詰めたりもするし、色々な要素があるバンドだと思っていて。今回のEPではそういう要素ってあまりないですよね。それは、自分たちの中でインディーズの頃から音楽性とかが変化してきた部分でもあるのかなと思うんですが、その変化は実感されていますか?

岩渕:ボーカルの話だと、インディーズの頃は早口みたいなことは結構やっていて。言いたいことがたくさんあって、それがどんどん矢継ぎ早に言っていくスタイルがいつの間にか自分たちのアイデンティティになっていた部分もあるんです。それとは別にヒップホップを聴くのも趣味として好きで、いつからかラップをやろうっていう風に思って、既存の形だとミクスチャーという言葉に囚われていた節があったんですよ。でも、今回はラップは一旦忘れようっていうことになって。側から作るんじゃなくて、サポートメンバー含めた4人でピュアに音を鳴らして気持ちいいものを作っていこうと。あとは、僕はポリープの手術もあったので歌いたい気持ちは強くて。自分の歌ってなんなんだろうっていうのを突き詰めたかったのもあります。色々な可能性を思ったし、側じゃなくて歌も曲に対しても徹したいって思ってました。

ーなるほど。今作のEPについて、収録曲の選ばれた基準やコンセプトはありますか?

岩渕:ただ自分たちがいいと思えるという点で選びましたね。今はやっぱり自分たちが一番いいって思えるものを、新鮮なまま出すのがいいだろうと。でも大元にあったコンセプトがあるとするならば、ポリープ手術前の頃からバンドサウンドでやっていこう、サポートも含め4人の音でやっていく方向性は合致していたので、そういうサウンドの曲を作っていく方針ではありました。



ー自分たちがいいと思う曲を集めたということで、収録曲も真っ直ぐさが際立つような曲が多いですよね。ちなみに「Rolling」のタイトルの由来はあるんですか?

岩渕:「Rolling」に関しては、やっぱり色々なことがあった一年を転がってきたなという感じもするし、長いバンドの人生を考えると、これまでも紆余曲折してきたバンドなんですけど。それでもやっぱり転がり続けたいという意味を込めています。やっぱりストレートなバンドというか、まっすぐ歩めるバンドじゃないと思うんで、自分らなりの答えをその都度見つけながら進んでいきたいなと思いますね。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE