ネット発ミュージシャン三組、渋谷で「正夢」を描いた一夜

ライブ「正夢Vol.1」に出演したぼっちぼろまる のパフォーマンス


最後は、登場SEに合わせてベアードアードが登場。学生服をモチーフにした衣装に身を包み、一曲目「失楽エデン」でライブをスタート。ファンタジックな世界観の楽曲とキレのある激しいダンスパフォーマンスで圧巻のステージを送る。続けてボカロPの柊キライ書き下ろしの「ファナティ」も披露、楽曲の持つ中毒性と色気のある表情と仕草で、会場の客も立ち上がり盛り上がっていく。ここまではクールさを全面に出してきたが、ここでボカロPのナユタン星人の楽曲「金星のダンス」を披露し、四つ打ちのリズムと笑顔溢れるダンスで一気に会場をポップな雰囲気へと変えてみせた。


ベアードアード(Photo by スズキメグミ)

自己紹介と本日のライブへの意気込みを語ったあとは、今回のコンピレーションアルバム『正夢Vol.1』にも収録されている、ボカロP・かいりきベアが提供した、自身のグループ名を冠した楽曲「ベアードアード」へ。コールを煽ったり、会場の熱をもう一段階上げていくエネルギッシュなパフォーマンスで会場を魅了していく。彼らの熱量は止むことなく、力のこもった歌とダンスで会場を魅了。ボカロP・すりぃ提供の「スティグマ」、かいりきベアの楽曲「アイ情劣等生」のカバーを披露して、最骨頂のテンションのままライブは幕を下ろした。

多くの次世代クリエイターやネット発のミュージシャンが集った今回の正夢Vol.1。日本のみならず、Kizuna AIがバーチャルUSツアーを発表するなど世界を巻き込んで大きな渦が巻かれていくこのシーンの一端を目の当たりにした一夜だった。



<作品情報>

『正夢vol.1』

2021年2月27日(土)レンタル開始 
※レンタル限定盤につき、販売はございません。
=収録楽曲=
1. 和田たけあき/わるいこになあれ
2. Teary Planet /コペルニクス的転回
3. R Sound Design/flos
4. Lanndo feat.bis/vivid a
5 .ぼっちぼろまる/嘘つき犬が吠える
6 .NORISTRY/Sing
7. ベアードアード/ベアードアード
8. おはようございます/極普通

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE