音楽素材のサブスクサービス「Loopcloud」が広げていく新たな音楽の可能性

Kihiro

世界最大の音楽素材ライブラリ「Loopmasters」内にある、オーディオサンプルのクラウド音楽サービス「Loopcloud」。400万以上の音楽サンプルをプレビューしながら、それらの組み合わせ方、エフェクトに至るまで極限まで吟味した後に素材を購入できるサービスである。音楽制作の利便性と可能性を広げていく、音楽クリエイターが注目すべきツールの一つだ。

このサービスを用いて、Loopcloudが2021年1月末に初の国内限定リミックス大会を開催。大会では、RIZE / The BONEZ のフロントマンJESSEの楽曲「START LINE」を課題曲として、全国からリミックス曲が寄せられた。その中の優秀作品を集めたリミックスアルバム『RE/START LINE』もリリースし、一つの楽曲を素材に無限に広がる表現の幅を提示して見せた。

今回、Loopcloud JAPANのプロデューサーであるKihiroにインタビュー。ラウドロックバンドSupeやLOKAのフロントマンとして、日本やアメリカで活動してきた彼が唱える「Loopcloud」が広げる音楽の可能性。そして彼がこのサービスを浸透させた先に見据える展望について話を訊いた。

関連記事:DAWと人による奇跡的なアンサンブル 鳥居真道が徹底考察

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE