65歳以上のロックスターとファンに朗報、ワクチン接種でツアー再開が早まる?

左からブライアン・ウィルソン、ドリー・パートン、ジェームズ・テイラー(Photo by Harry Herd/Redferns/Getty Images; Dennis Van Tine/STAR MAX/IPx/AP; Richard Shotwell/Invision/AP)



エルトン・ジョンの引退ツアーの再開は2022年以降

Mintではまだこうしたアーティストの新規コンサートはブッキングしていないが、マコーリフ氏によれば、すでに会場側と運営方法について協議が進行しているという。例えばアーティスト側からのリクエストも、現在70~80代のアーティストをより安全に移動する内容へと変わっていくだろう。感染予防として、アーティストやエージェントは楽屋へのケータリングフードに今まで以上に目を光らせるだろう。「あらゆる要望が今までとは変わってくるでしょうね」とマコーリフ氏。「楽屋もいままでとは違ってくるでしょう。スタッフは最小限で、可能な限りこじんまりとした人数を維持することになると思います」

全米7都市で営業するチェーンクラブCity Wineryは、これまで定期的に往年の大物アーティストをブッキングしてきた。パンデミック以前、ニューヨークのクラブではニルス・ロフグレンやヤードバーズ、クリストファー・クロスといったアーティストを迎えていた。ニューヨーク州が発表した新たな規則のおかげで、400人収容のマンハッタンのクラブは来月より営業を再開することができる。ただし、ワクチンを接種していない客は100人以内に制限され、マスク着用と座席のソーシャルディスタンスが義務付けられる。

City Wineryのオーナー、マイケル・ドーフ氏からすれば、こうした計画は実行可能なように見える。彼がブッキングしようとしている年配のアーティストの場合はとくにそうだ。「例えばデヴィッド・クロスビーをブッキングした場合、(顧客の)平均年齢は70歳です。ですから、店内にいる95%がワクチンを接種している可能性が高いわけです」とドーフ氏。「みな喜んで外出しますよ、周りのひとびともみなワクチンを受けていると知っていればなおさらです。20歳の子たちの場合とはまるで違います」

一方、待ちの姿勢をとる年配アーティストもいる。エルトン・ジョンの引退ツアーの再開は2022年以降だ。昨年夏に予定されていたジェームズ・テイラーとジャクソン・ブラウンのジョイントツアーは今のところ5月に再開予定だが、テイラー本人は再び延期になるだろうと考えている――最短でも、秋まで再開されることはないだろう。「俺もすごく楽しみにしていたコンサートだった」。妻のキムと一緒に注射を受けている写真をツイートしたテイラーはこう語った。「今まで一緒にツアーしたことはなかったが、同じ状況で演奏したことはあった。彼のアルバム『孤独なランナー』には俺のバンドが関わっていたからね。だから彼とは深いつながりを感じる。だがしばらくは状況を見守って、観客が再び安全に外出できるようになるまで待つことにするよ」

【写真を見る】予防接種に疑問を唱える「反ワクチン派」の米大物俳優

from Rolling Stone US

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE