「テクノ革命」を起こしたテレックス、細野晴臣が振り返るセッションの記憶

Telex(Photo by Frank Uyttenhove)


細野晴臣のコメント

「先日Miharu Koshiと最近のフランスの新しいPOPSを聴いていて、『これはTelexみたいだ』と話してたんです。Telexのような音楽は今や普遍的なPOP MUSICになったんだと思いました。Telexの皆さんとセッションした暑い夏のブリュッセルがとても懐かしく、優しい心で迎えてくれたことを感謝してます。マルク・ムーランさんの逝去、とても残念ですが、きっと彼も僕たちと同じく、ベスト盤のリリースを喜んでいることでしょう。また、近い将来、あなたたちの新作が聴ける日を楽しみに待ってます」

細野晴臣とテレックスとの縁は、YMOと共にエレクトロニック・ミュージックのパイオニアとして世界的な活躍をしたのみならず、細野晴臣がプロデュースしたコシミハルの『Tutu』(1983年)においてテレックス「L’Amour Toujours」の日本語カバーを収録し、テレックスの自前スタジオでメンバーも参加して録音が行われたというかかわりがある。






テレックス
『this is telex』
発売日:2021年4月30日(金)
定価:2,400円(税抜)
新ミックス+リマスター作品
ボーナス・トラック2曲収録 / 解説: 野田努(ele-king)

Tracklist
1. The Beat Goes On/Off *
2. Moskow Diskow
3. Twist à Saint-Tropez
4. Euro-vision
5. Dance To The Music
6. Drama Drama
7. Exercise Is Good For You
8. L’amour toujours
9. Radio Radio
10. Rendez-vous dans l’espace
11. Beautiful Li(f)e
12. The Number One Song In Heaven
13. La Bamba
14. Dear Prudence *
15. Moskow Diskow (English Version)**
16. Eurovision (English Version) **

*未発表曲
**日本盤ボーナス・トラック

購入&ストリーミング:https://smarturl.it/telex.jp

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE