BABYMETALが語る、ヘヴィメタルから教えてもらったこと

左:SU-METAL(Vocal & Dance)、右:MOAMETAL(Scream & Dance)(Photo by OGATA,Hair and Make-up by aya watanabe, Styling by Shohei Kashima <W INC.>)



10代の成長期の10年間、一緒に戦ってくれる仲間がいた

ー10年の歩みを振り返ってみると、「時間」と「記憶」と「成長」の重みっていうのをひしひしと感じますよね。時間が記憶を形成していくし、記憶が成長の糧になる。こうしてキャリアを振り返る取材もたくさんしてると思うけど、その中であらためて気づいたり整理できたりすることとかもあるのでは?

SU-METAL:あらためて思うのはBABYMETALはある種の私の人生で、それこそライブで学んで、いろんな国に行って、またライブをして……っていう。普通の人は経験できない一生分の経験をしてるんですよ、この10年間に。10代の成長期の10年間、一緒に戦ってくれる仲間がいて、見たことがないような景色をたくさん見てきた。いろんなものを吸収して、音楽を通して学んだものってすごいたくさんあるなと思っていて。私はもともとただ歌が好きな普通の女の子だったのにBABYMETALに出会って、SU-METALに出会って、こんなにも人生を豊かにしてくれることって他にない気がするんです。頑張ったなと思ったことはなくて、頑張らせてくれる環境があったからずっと楽しいし、それは今でもそうなんですけど。でもそうやって楽しみながらある意味一人の人間を構築できたことって、すごいことだなって思いますね。

MOAMETAL 10年を振り返るとめちゃくちゃつらいこともいっぱいあったし、もちろん楽しいこともあったし、いろんな思い出が出あるんですけど、ここまで続けられたのは、BABYMETALに出会ってくれた人たち、支えてくれてる人たちがいたらからで。そうやってBABYMETALを愛してくれてる人がたくさんいるっていうことを再確認して、あらためて幸せ者だなって思いました。今はこういう状況でライブがなかなかできなくてもどかしいなっていう気持ちもあったんですけど、誰かがどこかでBABYMETALの音楽を聴いてくれて、誰かの中でBABYMETALが生きてくれてるってことは本当に幸せだなって。そんな人たちにこれからも恩返しをしていきたいなと思いましたね。

ー今回のベスト盤『10 BABYMETAL YEARS』には、選りすぐりの10曲が収録されていますよね。テッド・ジェンセンのマスタリングで新たな輝きを帯びた10曲になっていますけど、2人はこの10曲を聴いているとどういう情景が思い浮かんで来ますか?

SU-METAL この10曲を通して聴いた時に「これこそBABYMETALの歴史だな」って思うんです。ただの曲ではなく、一曲一曲にすごく物語がある。それだけBABYMETALはライブで生きてきたし、ライブで曲を披露していく中でその曲にどんどん感情が積み重なっていくというか。もちろん初めて聴いた人はこれがBABYMETALなんだっていう一枚になると思うし、応援してくださっているファンの方にとっては10年間をこの一枚に凝縮したもの。一曲一曲に込められたBABYMETALの歴史だったりストーリーだったり、そういうものを感じていただけるんじゃないかなと思いました。



MOAMETAL:私もこの10曲を通して聴いた時に、一曲一曲の初披露の時とか印象深かったライブのこととか全部思い出したんです。記憶が蘇ってくる感覚も含めて、本当に10年間のBABYMETALが詰まりまくってるなと思いますね。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE