BACK-ONが振り返る15年の歩み、未来へ向けたセルフカバーを語る

BACK-ON



―メジャーデビュー15周年、おめでとうございます。『FLIP SOUND』はバンドの出発地点、地元足立区にあるリハーサルスタジオをタイトルにしているとのことで、ご自分たちの原点を振り返る機会にもなったかと思います。15年間を振り返ると、どんな言葉が浮かびますか。

KENJI03:本当にもう、無我夢中で走ってきて気が付いたら15周年というのが率直な感想なんですけど、ひと言で言うなら感謝しかないですよね。そういう気持ちから、これまで応援してくれていたみなさんに形として何かできるかなと考えたときに、今まで作った曲を今の自分たちでアレンジした作品はどうだろう、ということで今回セルフカバーを作らせてもらいました。

TEEDA:デビューした頃って、本当に20歳ぐらいだったので、アーティストとしてすごく未熟だったんですよね。右も左もわからない中で失敗を重ねたり、「こっちに行った方がいいよ」って言われて「そっちの方がいいのかな?」ってフラフラしてた時もあったりして。だからこそ、セルフカバーをやる上で曲への思い入れというか、「この時こうだったな、ああだったな」ということを思い返しながら作ることができましたし、その当時にタイアップを含めて曲をリリースできたことをすごく感謝しています。

―今回、そうしたことを言葉にして話したりしたのでしょうか。

TEEDA:レコーディング中に、「これってこのときの気持ちで歌った方がいいよね?」とか、「このときどうだった?」って、曲を通して話していた感じですね。

KENJI03:デビューしたのが若かったこともあって、メンバー、スタッフで一緒に考えていたというのもあったので。それを考えると、さっきTEEDAが言ったように、あの頃は未熟だった自分が作ったときのサウンドを今作ったらどうなるのかっていうワクワク感はありました。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE