河村隆一が語る、ソロ曲で挑む新たなチャレンジ

河村隆一(Courtesy of Ryuichi Kawamura)



医療従事者、フロントワーカーの方のために

―隆一さんらしいなぁ。各公演日の内容を予告編として少しだけお願いします。

初日の2月15日だけ、“医療従事者、フロントワーカーの方のため”として僕のYouTubeチャンネルで無料配信します。この日は河村隆一を知っているたくさんの人にエールを送りたい、というメニュー構成です。医療従事者の方もそうだしフロントワーカーの方々がいろんなところで頑張っているから、僕らがいるんですよ。巣ごもりするといっても、デリバーをしてくれる方がいるから巣ごもりだってできるわけです。リモートワークが増えたとはいえ、全部がリモートワークできるわけじゃなくて、どうしてもそこに人がいないと無理なとこもあるわけですよね。その人たちって感染の恐怖もあるだろうし、いろんなものといろんな感情といろんな立場で戦ってるんだと思う。その人達が僕のことを知ってくれているとしたら、無料ライブってやったことないんですけど、仕事の後とかホッとしたときに観てもらって、「明日からまた頑張ろう」って思ってもらえるような歌が届けたくて。15日は僕の代表作が中心になっています。

―いわゆる“ベスト・オブ・河村隆一”。

はい。特に97年のソロデビューアルバム『LOVE』が中心になっていて、そのアルバムの世界観が作りあげられている内容ですね。



―他の日の公演内容は?

ネタバレすると興ざめなので、詳細は伏せますが、1枚のアルバムであったり2枚のアルバムで年代を行ったり来たりしながら、「あっ、これはあのアルバムとあのアルバムからできてたのね」みたいなことになっていきますね。2枚のアルバムを合わせて物語を作るのは難しいけど楽しい作業です。

―なるほど。

そのセットリストを作るにあたって過去の自分のアルバムを全部聴き込みました。で、「この曲、最近やってない」っていうのもわかったんで、最近やってない曲もできるだけ演奏するつもりです。ただ、代表曲もそれぞれの公演でやりますが、被りはほぼないです。コアなファンが喜ぶ曲ももちろんあります。それぞれの公演にそれぞれの物語がありながら、全公演を通して大きなもの物語になっているので、アーカイブで全公演を一気見するのもまた楽しいと思います。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE