浜田省吾、2000年代以降の作品とライブ音源を水谷公生と振り返る

浜田省吾

日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年12月の特集は、浜田省吾2020。今回は2001年のアルバム『SAVE OUR SHIP』と映像作品『ON THE ROAD 2015-2016 "Journey of a Songwriter"』のライブ音源を聴きながら、アレンジャーであり、Fairlifeのメンバーである水谷公生と共に当時の浜田省吾を語っていく。



田家秀樹(以下、田家):こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今流れているのは、浜田省吾さんの「みちくさ」。先月発売になったミニアルバム『In the Fairlife』の一曲目です。今月の前テーマはこの曲です。

今月2020年12月の特集は浜田省吾。11月11日に8曲入りミニアルバム『In the Fairlife』が発売になりました。Fairlifeは浜田さんの書いた曲を、様々なボーカリストが歌うというソロ活動とは別のユニットです。今回の『In the Fairlife』はFairlifeが2004年、2007年、2010年にリリースしたアルバムの中で、浜田さんが歌った曲を集めてリメイクしたアルバムです。今月はこのアルバムを入り口にお送りしようと思っています。そして、今回のゲストは今月3度目の登場ですね。アレンジャー、プロデューサー、ギタリスト、現在はベルリン在住の現代音楽家。1970年代から浜田さんの制作活動に参加しているFairlifeのメンバー、水谷公生さんです。

水谷公生(以下、水谷):よろしくお願いします。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE