ヒット曲はどのように生まれた? Spotifyと振り返る2020年の音楽シーン

Photo by Helene Pambrun (Harry Stiles), ACMA2020/Getty Images for ACM (Taylor Swift)


日本の音楽を世界に届けるために必要なことは?

―2020年のSpotifyを振り返るうえでは、11月26日に開催されたオンラインイベント「Spotify presents Tokyo Super Hits Live 2020」も外せないと思います。嵐、Perfumeなど国民的スターから新鋭アーティストまで出演した一大イベントを終えて、現在の手応えを教えてください。

芦澤:Spotifyがオンラインだけでライブイベントを主催するのは世界的にも初の試みで、日本のポップシーンのいまを発信していくという「Tokyo Super Hits!」というプレイリストのコンセプトをライブ化したものです。嵐からマカロニえんぴつまで、日本の音楽シーンを代表する幅のあるアーティストラインナップを実現することができ、国内のみならず海外の音楽ファンにもお届けすることができました。アーティストの方々も含めて、みなさんから「よかった」と言っていただき、楽しんでもらえたことが収穫でしたね。

―「ここから日本の音楽を発信するんだ」という気概を感じました。

芦澤:オンラインであれば、世界に向けて同時に発信することができます。コロナ禍でリアルなライブが中止に追い込まれる中、配信イベントが消極的なオプションのように捉えられていたフェーズもあったと思うのですが、「オンラインだからこそできること、Spotifyだからこそできることは何だろう?」と考えた時、世界のリスナーに向けて日本のアーティストの魅力を発信したいと考えました。日本を含め世界12カ国に発信したことで、日本のアーティストを新しいリスナーに見つけてもらう、そのサポートができたのであれば嬉しいです。演出についても、オンラインだからこそのバーチャルなものなど、新しい表現方法に挑戦しました。

●当日のライブレポート








この投稿をInstagramで見る

Spotify Japan(@spotifyjp)がシェアした投稿





「Tokyo Super Hits」は日本のシーンを彩る最新ヒット曲を世界の音楽ファンへ発信するプレイリスト

―最後に、Spotify Japanの2021年以降のプランについて教えてください。

芦澤:2021年は国内でのサービス開始から5周年になるので、それを見据えて動きたいと考えています。今年はカタログの開放が相次いでなされ、ビッグアーティストの作品も聴けるようになりました。サービス開始当初は国内カタログが限られている中で、どうやってSpotifyの魅力を伝え、使っていただき、良さを実感していただくかに取り組んできましたが、ようやくストリーミングが広く普及してきましたので、ここからまた次のフェーズに進んでいけたらと思っています。

「Tokyo Super Hits Live」について語ったように、次の目標は世界のリスナーに向けて日本の音楽を紹介することです。今海外で聴かれている曲はアニメ関連が主ですが、もちろんこの分野には引き続き注力しつつしつつ、それ以外の楽曲やアーティストの海外展開もお手伝いしていきたいです。

―その言葉を聞けたのは心強いですね。BTSのようなアーティストが日本から出てきてもおかしくないわけですし。

芦澤:これまでは言葉の壁が課題と考えられていました。K-POPの楽曲を日本で売るためには日本語バージョンを制作しないといけない、海外で成功するためには英語で歌わなければいけない、といった縛りがありましたよね。最近はそうでもなくなってきていて、K-POPアーティストの楽曲は韓国語・日本語・英語のものが等しく聴かれる傾向があります。言語も含めてトータルの世界観やサウンドとして受け止められている。言葉はもちろん重要ですが、そこだけに囚われなくてもいい。それは、先程のK-POPや、スペイン語で歌われるラテンミュージックが世界に広く浸透したことの副産物でもあるのかなと思います。

ですから、日本のアーティストも無理に英語で歌わなくてもいいと思いますし、英語と日本語混じりの歌でもいいと思います。日本の音楽らしさをより打ち出して、日本以外の地域に浸透するヒット曲が出てくるといいですよね。

―2021年の活躍を期待しているアーティストはいますか?

たくさんいますね。まさに今、2021年の「Early Noise」アーティストを選考中ですが、海外でも大きく躍進する可能性のあるアーティストを何組か選びたいと考えています。それと、ネットカルチャーの流れを汲むアーティストも引き続きピックアップしたいですし。バランスを重視しています。

最近はメジャーレーベルと契約しているかどうかは、あまり関係がなくなってきました。例えば、Doulという、英語で歌う福岡の女性シンガーソングライターがいます。彼女はデビューシングル「16yrs」がUSのプレイリスト「Fresh Finds」にフックアップされ、デビュー日にいきなりディプロからInstagramをフォローされたのだとか(笑)。若くて才能のあるアーティストが次々と現れていますね。

Text by Ryutaro Amano

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE