氷室京介が自己表現を確立するまで 当時のディレクターが回想

氷室京介

日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年11月の特集は、氷室京介還暦特集。今回は1988年の発売の『FLOWERS for ALGERNON』から1991年の『Higher Self』を、当時の東芝EMIディレクターの子安次郎と共に、彼が見てきた氷室京介を語っていく。



田家秀樹(以下、田家):こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今流れているのは、氷室京介さんの「DEAR ALGERNON」。1988年9月発売の1stアルバム『FLOWERS for ALGERNON』のメインテーマと言っていいでしょう。今週の前テーマ曲です。私もこの曲と出会わなかったら、氷室京介の曲をずっと聴き続けていなかったのではないか? という曲です。

今月2020年11月の特集は氷室京介。目下お休み中でありますが、先月7日に還暦を迎えました。そして、2016年の「LAST GIGS」で冗談めかしていた予告通り、来年に新作が聴けそうです。氷室京介還暦、復活を祝っての1ヶ月ということで、今週からの4週間でこれまでのアルバムを辿り直してみようと思います。レコード会社の担当ディレクターをお迎えしてお送りします。今週と来週は元東芝EMI制作部ディレクター、現在はユニバーサルミュージックのプロデューサーである子安次郎さんをお迎えしております。こんばんは。

子安次郎(以下、子安):よろしくお願いします。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE