FAKYが語るコロナ禍での変化、皆で紡いだ新曲への想い

FAKY


ーMikakoさんはその話し合いの場でどういうことを語ったんですか?

Mikako:世界共通で同じことに対して悩んだりすることって、この先あるのかなって思ったんです。私もどうなるんだろうと思ったし、皆と会わない期間も続いて、FAKYの活動も大丈夫かな? こんなに会わなくて、次は何をどうやっていこう? とか悩みました。でも、FAKYっていう音楽を届けたいと思ったときに、皆が色々なことで弱ってる中でも、どこかに皆の強さが絶対にあるってメンバーから感じていて。それを曲にしたいなって思いました。弱いものと強いものって紙一重でもあるけど、とりあえずその強さの話をLilに投げて、上手く噛み砕いてくれました(笑)

Lil:最初にそれ言われました。どっか一個でも強さがあった方がいいからって、真っ直ぐな瞳で言われました。

Hina:私が思ったのは、ステージの裏側はただの23歳の人間なんですけど、そこを見せる機会ってなかなかないじゃないですか。去年の冬にABEMAの「月とオオカミちゃんには騙されない」に出演したんですけど、普段の姿を見せることで、逆に共感してもらえることもある、弱いところを隠さずに見せていくのも別に悪いことじゃないのかなっていうのが、私にとってすごい大きな発見で。私はそういうところも見せていきたいし、それを音楽で届けられたらいいなってずっと思っていて。それをLilが上手く噛み砕いてくれました。

Akina:私もHinaと一緒でなるべくリアルの方向に行きたいと思って。この曲は本当にこの先どうなるのか分からないけど、とりあえずもうちょっと頑張ろうというストーリー感をこの曲で表現したくて。

Lil:あとは、全部に意味を持ちたいってミーティングで言っていて。全部のラインに意味が欲しい、アーティストとして意味のないことを今の状況であまり言いたくないというようなことも言ってたよね。

ーTakiさんは?

Taki:私、普段から結構喋るから本当に覚えてないです(笑)。ごめんなさい(笑)。

Lil:Takiが最初に、コロナっていうキーワードを絶対に曲にしたいって言って。Takiは世界情勢にすごい詳しいんですよ。色々なところに住んでいたっていうバックボーンもあって、今この国はこういう状況で、どういう人たちがつらくて、どういう想いなのかを知っていて。それを私は曲にしたい、だから世界共通で分かるもの、世界共通のものに立ち向かっているんだよっていうのを、FAKYとしてすごく表現したいって言ってました。

Taki:あー、良いこと言ってたなあ(笑)。

一同:(笑)

ー色々な国々の社会的なトピックに関心があるからこそ、FAKYでもグローバルな表現で自分たちの曲に共感してもらいたかったんですか?

Taki:そうです。FAKYとしては、日本だけじゃなくて海外も目指しているから、自分たちが現地事情を知らなかったら、どうやって曲でコネクトできるのかとかも分からない。だから、いつも何かあればずっと調べたり、共有してます。日本はコロナの状況下で一番気楽にやってこれた感じがしていて。パリとかフィリピンの友達は今でも自粛してるし、夜は8時ぐらいで家に帰らないといけないし。日本と全然違うんですよ。日本の方が比較的余裕がある感じがします。海外だと仕事が無くなってる人も多くて、前に住んでた場所のことだと彼らのことも心配になっちゃうし。そう考えると、日本いる自分は、普通に仕事もできるし、外にも出れてラッキーな感じがしています。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE