FAKYが語るコロナ禍での変化、皆で紡いだ新曲への想い

FAKY


ーメンバーそれぞれのボーカルの個性など踏まえてのディレクションも、Lilさんがやられているんですか?

Lil:歌割りも考えさせていただいてるんです。前作に関してはプロデューサーのGeGさん色に染まったり、ダンスシングル3部作に関してはちょっと強めに歌ってみたり、色々な挑戦をしてきた中で、皆の歌の個性がかなり出てきたなって感じていたんです。この曲に関してはプリプロを2回やらせていただいたんですけど、1回目に歌ってみたとき、皆が私の想像を超えてきたんですよ。この曲をこんな風に咀嚼してきたんだなっていう驚きがあったので、もう一度考え直して、皆で一つのテーマに向かって個性を出しながらもっと良くできるねっていう話し合いをしたんです。だから、ディレクションも今までなかったような歌割りを当ててみたりしたので、全体的にチャレンジングな曲だったと思います。

ーその辺りはmaeshimaさんともやりとりしたんですか?

Lil:maeshimaさんとは直接お話する機会はなかったんですけど、歌詞を書く時のディレクションの中で、自分の中の葛藤とかはすごく表現したいからプッシュしてほしいってお話をいただいたんです。それをすごく意識して、キーも1個上げて。聴いていただいた方に挑戦する勇気をあげたいって言っても、自分たちが挑戦しないと説得力がないなって思ったんです。私たちが先にチャレンジすることで、その想いを体現できるんじゃないかなってより強く思いました。

ー確かにサウンドはUK的で、すごくクールな質感になってますよね。こういう曲のノリって、今のチャート音楽とまたちょっと違うじゃないですか。曲のイメージは先に解説されるんですか? それとも個々で見つけてくるんですか?

Lil:曲をもらってから、それぞれどう思うのか話し合う形でいつも決めます。そこから歌詞を練っていくので、自分の中にはなかったトピックが出てきたり、5人いるからこその制作の形ですごく面白いです。

Akina:この曲に関してはLilが歌詞をリライトするときに5人で話し合いました。今の時期コロナがあって、『little more』を通して安全に慣れていく世界になれればいいっていう、リアルなメッセージを皆に伝えたいってテーマがあって、この曲が出てきたんだよね。

Lil:皆が共通して、この自粛期間に音楽で何かを伝えたいっていう想いがすごく高まって。この状況でコロナ禍の時の気持ちを歌にしないわけにはいかない、鬱屈した気持ちを歌詞にしたいという考えは全員共通でありました。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE