a crowd of rebellionが最新作で表現した人間への反逆

a crowd of rebellion(Photo by kenta sotobayashi)


ー本当に難しい状態のまま制作に入ったんですね。

宮田:結構苦しみましたね。違う喉になったような感覚なんです。今までは簡単に歪んだ声が出せていたのが、もっと力を入れないとダメになっていたり、普通に歌うにしても、小さい頃から鼻歌を歌っていた感覚とは違っていて。乗り物を変えたような感覚でした。その中で今ベストの声はなんなんだろう? と考えながら、手探りで歌を入れていきましたね。

ー小林さんはどうですか?

小林亮輔以下、小林):僕も同じタイミングに切ったので、挑戦と言えば挑戦だったんですけど、それ以上に作品に対する手応えがあります。コロナ禍になって時間ができたことで、みんなとすり合わせる時間を持てて、メロディや歌の表現に関して考える時間もできたし、歌詞も含めて表現の幅を広げた1枚になったと自負しています。

丸山漠以下、丸山:僕もこのアルバムはThis is the best of rebellionって言えるような、そういうアルバムになったと思います。

高井佑典以下、高井:自分達の得意技を抽出して作った感覚がありますね。これまでいろんな経験をして、バンドとして変化も進化もしてきたんですけど、それを経て改めてこのバンドの強みを出したような作品なのかなと思います。

ーなるほど。

近藤岳以下、近藤:ライヴもできず、俺達が今やれるのは制作しかなかった分、今作は制作期間も長く設けることができて。これだけに集中できたので、凄くエネルギーの純度が高いと言いますか、細部までこだわり抜けた1枚になりました。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE