佐野元春が40年の歩みを語る 言葉・メロディ・ビートへの意識と挑戦

佐野元春(Courtesy of 佐野元春)

デビュー40周年を記念して『MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980-2004』『THE ESSENTIAL TRACKS MOTOHARU SANO & THE COYOTE BAND 2005 - 2020』の2タイトルのベスト・アルバムを同時にリリースした佐野元春。

このベスト盤、全曲をテッド・ジェンセンがマスタリングを手がけ、さらに2つのレーベルに分かれたリリースにもかかわらずアルバムジャケットのイメージを統一するなど、佐野らしいこだわりが思う存分発揮されおり、制作に1年半を要したという。

その結果、ベスト・アルバムの領域を超え、新しい作品と呼ぶに値するアルバムとなった。ベスト盤の話とともに、ロックミュージシャン・佐野元春の深層に迫った。

―40周年ベスト・アルバムは単なるベスト盤ではなく、新しい作品とも言える内容でした。ディスク毎の選曲について聞かせてください。ソニー時代の楽曲が並ぶ『MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980-2004』のVOL.1は、4thオリジナルアルバム『VISITORS』までの曲からのセレクトです。サウンドのテイストというと、NYで制作されたヒップホップ色全開の『VISITARS』はかなり異色ですが、なぜここまでをに収録したんですか?

佐野:アルバム『BACK TO THE STREET』『HEART BEAT』 『SOMEDAY』が自分の初期3作。その後に『NO DAMAGE』というコンピレーションアルバムを出して、米国に渡った。確かに、次に出した『VISITORS』は、それまでと音楽性は違うけれど、気持ちで言うと自分の中では『VISITORS』までがアーリー・デイズだと思っている。



―佐野さん的には『VISITORS』までが初期なんですね。

佐野:そうだね。80年代前半当時、日本の音楽界は保守的だった。デビューした後、その保守的なムードをぶち破りたくて米国へ渡った。「黒船に乗って凱旋帰国するぞ」っていう思い。サディスティック・ミカ・バンドとは違うアプローチで(笑)。

―その時点における黒船的な佐野さんの音楽革命を、若い世代に説明すると?

佐野:それまでの日本語のポップロックの様式をぶち破ること。リリックも、唄い方も、曲のテーマも。僕なりにやってみた。VO.1にはその実験作が入っている。

―まさに言葉=歌詞における実験でした。なぜ歌詞に注目したのですか?

佐野:自分が聴いてきた欧米の音楽はディランにしてもレノンにしても歌詞が良かった。歌詞というか、それはポエトリーだった。でも当時、日本でポエトリーを感じるロックは少なかった。はっぴいえんどのような優れたバンドもあったけれど、アンダーグラウンドだった。だから自分はそれをメインストリームでやってみようと思った。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE