Kroiが語る、「ネオミクスチャー感」を司るグルーヴの背景

Kroi(Courtesy of Kroi)

この新星は、すごく刺激的な音と存在感を放っている。

内田怜央(Vo)、長谷部悠生(Gt)、関将典(Ba)、益田英知(Dr)、千葉大樹(Key)の5人から成るKroiにはさまざまな音楽ジャンルの背景にある文化や方法論を濃密に理解し、享受したうえで固有の音楽像を獲得するという本質的な意味でのミクスチャー性を感じる。彼らには“ネオミクスチャーバンド”とでも言うべき説得力と魅力がある。早耳のリスナーからはすでに熱い視線が送られているが、間違いなくここから大きく飛躍していくであろうKroiの結成から現在までの軌跡を語ってもらった。



─2018年2月の結成からここまでのスピード感はかなりものだと思うんですけど、メンバーの実感としてはどうなんですか?

関将典:今年はライブがなかなかできない状況ですけど、去年まではライブをがむしゃらにやり続けてきて、それが着実にバンドの力になっているのかなと思います。でも、ここまでのスピード感が速いのか遅いのかというところで言うと難しいですね。

内田怜央:でも、2年前に今の状況は想定してなかったかもしれないですね。

関:そもそも2年前はどうやったらライブハウスでライブができるのかもよくわかってなかったからね。

─Kroiの初ライブはどこのハコだったんですか?

長谷部悠生:新宿red clothですね。

内田:俺と長谷部が前にやっていたバンドのつながりで仲のいい人がred clothにいて。前のバンドでオファーをもらったタイミングでKroiを結成したので、じゃあこのままKroiとして出演しようとなって。

関:それが2018年の2月です。その時点でKroiとしてのオリジナル曲は1曲もなかったんですよ。俺と益田がやっていたバンドの曲と、こっち(内田と長谷部)でやっていたバンドの曲を1曲ずつ、あとはカバー曲を2曲やって、計4曲のライブをやったんです。

─ちなみにカバーは何を?

関:スチャダラパーとDaft Punkですね。

─Daft Punkは「Get Lucky」とか?

内田:まさに「Get Lucky」ですね(笑)。

関:当時はもう一人サンプラーのメンバーがいて。彼がいたときは電子音が入ったバンドの方向性を探っていこうと思っていたんです。FKJの音楽性に憧れがあったりして。テクノっぽい感じがありつつ踊れるという方向性にもっていきたかったんですけど、早々にそのサンプラーのやつが脱退して(笑)。そいつはもともと(内田と長谷部のバンドの)ベースだったんですけど、「俺はサンプラーをやりたい」って言ったタイミングで長谷部が俺にインスタのDMで「ベースがいなくなるから弾いてほしい」という連絡をくれて、Kroi結成のきっかけになったんですよね。

長谷部:俺と関はそれまで直接会ったことはなかったんですけど、お互いインスタに演奏動画を上げていて。「この人、上手いな」とずっと思っていてハッシュタグから知り合ったような関係なんです。それでいいベースがいるから声をかけてみようと思って。

関:そのときドラムの益田と俺はバンドをやっていたので、「ドラムも一緒だったらいいよ」って返したら、「今のドラムもサポートメンバーだからお願いします」ということで話が合致したんです。そう思うと、かなりドラマチックな展開かもしれないですね(笑)。それでとりあえず一回スタジオに入ろうとなって。あのときはなんのコピーをやったんだっけ?

内田:(Jamiroquaiの)「Space Cowboy」をやったよね。

─それはかなり納得ですね。

関:そのときのスタジオでは音楽的な相性がいいかはわからなかったんですけど、そのあとにみんなで飯食いに行って好きな音楽の話をしていたときに不思議とルーツだったり今まで聴いてきた音楽が重なったんですよ。それで、「これはいいな」と思いました。

長谷部:怜央がそのとき「ここまで好きなアーティストが同じ人を探すのはなかなか難しい」と言っていて。

関:それもあって集まった最初の日にバンド名を決めようとなったんですけど、じつは益田と一緒にやっていたバンド名案の一つに出ていたのがKroiだったんですよ。

益田:一度は却下されて(笑)。

関:でも、新しく組もうとしているこのバンドにはKroiという名前がハマるなと思って。再度益田が提案してくれたときに「やっぱりこれいいね」ってなりました。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE