TOTO、1982年の日本武道館公演で披露した「アフリカ」を振り返る

1982年撮影のTOTO

TOTOがデビュー40周年ツアーからの活動休止を経て、新ラインナップを先ごろ発表。再結成ツアーも心待ちにしつつ、日本で開催された黄金時代のライブを振り返る。

●【動画を見る】1982年、TOTOが日本武道館で「アフリカ」を演奏

無期限活動中止を宣言してから1年後の10日19日、TOTOファンが寝起きに聞いたニュースは彼らの再結成だった。「未来に足を踏み入れる楽観的な情熱を感じてワクワクしている。この希望は2021年夏に実現し、私たちは世界中のTOTOファンと再会することになるだろう」とTOTOのギタリスト、スティーヴ・ルカサーは声明で述べている。。

しかし、今回のTOTOは2019年に活動中止を宣言したバンドと同じではない。キーボーディスト、スティーヴ・ポーカロがバンドを抜けたのだ。彼はTOTO結成後10年間在籍したあとに一度脱退して、ここ10年間バンドに戻っていたバンド創設メンバーの一人だ。また、TOTOの名刺代わりと言えるヒット曲「アフリカ」を一緒に作り、サビ部分でリードを歌うキーボーディストのデヴィッド・ペイチもいない。彼は健康上の理由でここ数回のツアーを欠席していたが、2019年の最後のライブにはゲストとして参加していた。

ルカサーと一緒にTOTOを再開するメンバーは、ヴォーカリストのジョセフ・ウィリアムス。彼は1986年から1988年までTOTOに在籍し、2010年から2019年まで再びTOTOで歌っていた。ベーシストはヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのジョン・ピアース、ドラマーはロバート・“スパット”・シーライト、キーボーディストはSteve Maggiora。そこにキーボーディストのDominique “Xavier” Taplinとマルチインストゥルメンタリストのウォーレン・ハムが加わって再結成版TOTOが完成する。

ポーカロ家出身者が一人もいないTOTOのラインナップは非常に珍しい。ルカサーは名前こそ出さなかったが、彼の声明から察するに再結成に乗り気でなかったメンバーがいたようだ。「現時点で、このバンドの終生メンバーの中で幅広い世代のファンたちに音楽を届けたいと思っているのはジョーと私だけだ。この45年間、オリジナルメンバーとしてTOTO伝説を慈しみながら、ライブにもアルバム制作現場にも必ず出向き、バンドの音楽をライブコンサートという形態で続けてきた唯一のメンバーが私だ」とルカサー。

Translated by Miki Nakayama

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE