デフ・レパードやトム・モレロも参加、ザ・ストラッツが語る「ストレンジ」な新境地

ザ・ストラッツ(Photo by Beth Saravo)

 
ザ・ストラッツのニューアルバム『ストレンジ・デイズ』が本日10月16日に世界同時リリースされた。ジョー・エリオット&フィル・コリン(デフ・レパード)、トム・モレロ、ロビー・ウィリアムス、アルバート・ハモンドJr.(ザ・ストロークス)と豪華ゲストも参加。ルーク(Vo)とアダム(Gt)の発言も交えながら制作背景を掘り下げる。

「俺たちぐらいだよな。ロビー・ウィリアムスとアルバート・ハモンドJr.を同じアルバムに登場させられるバンドなんてさ! そう思わない?(笑)」

得意気に語るのはザ・ストラッツのフロントマン、ルーク・スピラー(Vo)だ。

現在、ロサンゼルスを拠点としているイギリスの4人組ロック・バンド、ザ・ストラッツが突如発表した3rdアルバム『ストレンジ・デイズ』はグラマラスでクラシックなロックンロールを身上としている彼らが招くには、ちょっと意外に思えるゲストの顔ぶれをはじめ、確かにストレンジな作品かもしれない。

そもそも、『ストレンジ・デイズ』はその制作過程からしてストレンジだった。新型コロナウイルス蔓延の影響で世界中のミュージシャンがライブ活動の自粛を迫られたことはご存じのとおりだが、ミュージシャンそれぞれにライブに代わる活路を見つけようと試行錯誤していた頃、ザ・ストラッツの4人は早速、新曲のレコーディングに取り組み始めていた。

「ちゃんと検査を受けて全員陰性とわかったから、そのまま10日間、プロデューサーとエンジニアを含めた顔ぶれで、自主的にロックダウンに入ることにしたんだ」(ルーク)



演奏することに生き甲斐を見出している連中だ。そこに迷いはなかったはずだ。とは言え、いきなりアルバムを作ろうと考えていたわけではなかった。いわゆる自粛期間中に、その当時手元にあったアイディアを、とりあえず形にしておきたかったのだろう。しかも、場所はプロデューサーであるジョン・レヴィーンの自宅だ。ライブができないなら、ぐらいの気持ちだったことが窺える。

ところが、レコーディングを始めてみたところ――。

「多分できるのは2曲か3曲、うまくいっても4曲と自分たちでは思ってた。ところが3日目、4日目あたりに差し掛かってきたあたりで、それどころの順調さじゃないことが見えてきたんだ。『ワオ! なんかすごくいい流れができてるんじゃないの?』ってね。それで結果、アルバム1枚作ってしまおうってことになったんだ。ホント急転直下って感じだった。世界が停止してしまったことがきっと、何かやりたいという俺たちの燃えるような欲求の炎に油を注いだんだろうな。そして持ち前の創造性がドッカーンと爆発したというわけ」(ルーク)

結局、KISSの「ドゥ・ユー・ラヴ・ミー」のカヴァーを含む全10曲を10日間でレコーディングしてしまったという。

「1日に3曲書けちゃったりすることもあって、自分でもビックリだった。なんかそれもまたストレンジな体験ではあったな。あらかじめ考えてあったメロディのアイディアは、いくつかあったとは言え、数えるほどだったし、曲としてまとまって仕上がっていったのは、ほぼすべてその場でのことだったから」(ルーク)

ギタリストのアダム・スラックが付け加える。

「俺が何か弾くと、みんながノッてきて、その場でジャムが始まる。最高だったな」

メンバー全員が簡易ベッドを使い、ルームシェアしながら、という下積み時代を思い出させる環境もかえってよかったのかもしれない。ルークとアダム2人の言葉が伝えるのは、レコーディング中のグッド・ヴァイブレーションだが、彼らはそれを秘密裏に――レコード会社はもちろん、マネージャーにさえ知らせずにやり遂げたのだった。

「理由は、外部の大勢の人間の意見から自由になりたかったから。マネージャー連中も例外ではなくて、彼らもすべて完成するまでひとつの音たりとも耳にしてない状態だったんだ。そういう意味じゃ、かなりの実験だよね。そして、最高の結果が生まれたってわけ」(ルーク)

「前々からこうやってアルバムを作りたいと思ってたんだ。プレッシャーを感じずに、曲を細かく解剖するようなこともせず……。これまでは毎回そうだったんだよ。いわゆるヒット曲を期待されて、それを書こうとしてしまう、みたいな傾向もあった。でも、今回はそういうのは一切なしで、自分たちがいいと思ったら何でもあり。実際こういうのは初めてだったから、すごく新鮮だった」(アダム)

 
 

RECOMMENDEDおすすめの記事


 
 
 

RELATED関連する記事

 

MOST VIEWED人気の記事

 

Current ISSUE